新型コロナの特別給付金や持続化給付金、協力金は課税されるのか?【事業者向けは基本的に課税対象、GoToトラベルの補助金額も課税対象なので注意!】

確定申告
スポンサーリンク

新規登録でAmazon500ポイントプレゼント!
(初めて/1年間未登録の方限定)
期間限定 3ヶ月間無料体験あり

【期間限定】エントリーはこちら

3ヶ月間無料体験はこちら

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経済の落ち込みが深刻ですが、国や地方自治体が給付金や支援金、協力金などを支給しています。

給与所得者はあまり関係がありませんが、個人事業主や法人は確定申告で課税対象となるのか非課税になるのかが気になります。

新型コロナウイルス関連の給付金、支援金などの課税対象

基本的に全ての給付金や支援金は収入となるので課税対象となります。

例外的に法律で決められた一部の収入だけが課税対象となりません。

非課税(課税対象とならない)

課税対象とならない収入は以下の通りです。

  • 特別定額給付金
    • 全国民へ10万円支給
    • 新型コロナ税特法4条1号適用により非課税
  • 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金
    • 労働者自身が申請できる休業手当制度
    • 雇用保険臨時特例法7条適用により非課税
  • 子育て世帯への臨時特別給付金
    • 新型コロナ税特法4条2号適用により非課税
  • 学生支援緊急給付金
    • 所得税法9条1項15適用(学資として支給される金品)により非課税
  • 低所得のひとり親世帯への臨時特別給付金
  • 生活福祉資金の特例貸付

 

所得税法9条1項17号適用(心身又は資産に加えられた損害について支給を受ける相当の見舞金)により非課税となるものは以下のとおりです。

  • 新型コロナウイルス感染症対応従事者への慰労金
  • 企業主導型ベビーシッター利用者支援事業の特例措置における割引券
  • ベビーシッター利用支援事業
  • 各自治体からの見舞金
    • 有名なところでは東京都新宿区在住のコロナウイルス感染者に支払う10万円など
  • 事業者から雇用者に支払われる見舞金

上記の非課税の給付金などは全て個人に対して給付されるものです。

基本的に個人には課税されないと思っていいでしょう。(ただし、最後に紹介するGoToトラベル/イートの補助金額については課税されるので注意が必要です)

 

また、生活福祉資金の特例貸付のように借り入れは借金で、収入ではないので、課税されることはありません。

【2022年3月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付【緊急小口資金/総合支援資金、非課税世帯は償還免除。新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が追加】
再度、2022年3月末までに延長されました!(11月末から3月末へ延長) 緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付、再貸付)について、申請期間が2021年6月末日まで延長となりました。 厚生労働省の告知ページでは6月末までの期限となっ...

課税対象

さきほどの例外的な収入以外は、基本的に全て課税対象となります。

  • 持続化給付金
  • 雇用調整助成金
  • 家賃支援給付金
  • 持続化補助金
  • 各自治体の感染拡大防止協力金
    • 休業や時間短縮営業などの協力金

上記の給付金や協力金は、事業者の売り上げ減少を支援するためのものです。

売り上げを補填する目的なので、売り上げと同じ扱いです。つまり課税されます。

事業者に支払われる支援金は課税対象となります。

持続化給付金は売り上げが下がった場合に支給されます。上限が決まっており、給付されても黒字にできない場合もあると思います。その場合は結局、課税額はゼロです。

休業や時間短縮営業などの協力金は一律で金額が決まっているので、事業規模によっては通常の売り上げよりも大きい協力金になってしまいます。通常よりも儲かることになりますが、その場合、税金が多く徴収されます。

借入金は単なる借金なので、通常の借金と同じです。コロナ関連だと借り入れしやすく、利子が無かったり安かったりするだけです。

事業者以外でも課税対象となるもの

事業者以外の支援金は全く課税されないのかというと、そうではありません。

少し気をつけたほうがいいものがあります。

  • Go To トラベル
  • Go To イート
Go To トラベル/イートは、事業目的には利用できません。個人利用のみです。GoToで出張や接待はできません。

Go To トラベル/イートは、割引きではありません。本来の料金に対して政府が補助しています。

「割引きと補助と、何が違うの?」と思われるかもしれません。

補助の場合、補助された金額が収入と見なされます。一時所得にあたり課税されます。

つまり、Go To トラベル/イートを利用した人は、確定申告する必要があります。

但し、一時所得については所得金額の計算上、50万円の特別控除が適用されるので、補助金額の合計が50万円を超える場合、確定申告する必要があります。

GoToが事業目的に利用できないのは補助金額が課税対象であることも関係しているかもしれません。事業で課税対象のGoToを計上してしまうと経費処理がとても難しくなってしまうのだと思います。

 

Go To トラベルで旅行をしまくった人は気をつけてください。

現在、GoTo関連は中止されていますが、コロナが収束した後に再度GoToが実施されると思うので、課税対象であることに気をつけて利用してくださいね。

 

確定申告をする人は以下の記事を参考にしてください。

【2021年版】白色申告の帳簿の作り方とつけ方【エクセルテンプレートあり】持続化給付金の月別事業収入/青色10万円特別控除の簡易簿記にも使用可能
事業を始めてから最初の確定申告って分からないことが多いですよね。 実店舗の販売業や飲食業のように最初から規模の大きな事業だと税理士さんを雇えばいいんですが、ブログのようにインターネット関連だと最初は収入が無いので税理士さんなん...
白色申告と青色申告の違い -青色申告で節税、複式簿記には会計ソフト-
前回記事で個人事業の開業届の出し方を紹介しました。青色申告をするためには開業届の提出が必須です。 → 「個人事業の開業届の出し方」の記事はこちら 個人事業の開業届を提出しても必ず青色申告しないといけない訳ではありません。...

 

令和2年(2020年)分の確定申告は2021/4/15で終了しました。申告できていない方は速やかに期限後申告を行ってください。→ 国税庁の「確定申告を忘れたとき」はこちら

令和2年分の確定申告(2021年に申告する)はコロナウイルス感染拡大の影響で2021/4/15まで延長されました。

 

ピックアップ記事

【2021年11月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付はこちら。償還免除もあります。

【2022年3月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付【緊急小口資金/総合支援資金、非課税世帯は償還免除。新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が追加】
再度、2022年3月末までに延長されました!(11月末から3月末へ延長) 緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付、再貸付)について、申請期間が2021年6月末日まで延長となりました。 厚生労働省の告知ページでは6月末までの期限となっ...

 

まん延防止措置の「CO2センサー」導入を検討の人は必見!

CO2センサーの導入方法【緊急事態宣言/まん延防止等重点措置の要請事項】濃度1,000ppm以下の換気を維持/NDIR方式のオススメ日本製商品も紹介
2021年3月から順次、緊急事態宣言が解除されましたが、解除後にコロナウイルスの感染が拡大しています。 2021年4月頃からまんえん防止重点措置や緊急事態宣言の発令/解除を繰り返しており、現在一部地域で緊急事態宣言中ですが、感染者が減...

 

キャンペーン・イベント情報

【6/30まで】freeeがAmazonギフト券最大10万円分プレゼント!紹介キャンペーン/スマート受発注新規利用
クラウド会計ソフトのfreeeがAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを開催中です。 紹介するともれなく最大10万円分/スマート受発注新規利用で抽選で1万円分のAmazonギフト券をプレゼント! クラウド確定申告/会計ソフト...
【12/31まで】ふるさと本舗のキャンペーン情報【寄附金額の最大8%分Amazonギフト券プレゼント!PayPayジャンボ全額戻ってくる!新規会員登録者は2,000円分のギフト券も当たる!増量中のお得な返礼品も!】
期間限定のおすすめキャンペーンをふるさと本舗で行っています。 ふるさと納税は、もともと納税するだけの税金なのに返礼品がもらえるお得な制度ですが、ふるさと本舗のキャンペーンを活用すると、さらにAmazonギフト券がもらえます! メ...
【10/31まで】さとふるのキャンペーン情報【今回は応募者全員にPayPayギフトカードをプレゼント!3と8のつく日は寄附金額の最大6%分!】
ふるさと納税サイト「さとふる」で「さとふるの日キャンペーン」を実施中です。 さとふるの日に寄附をすると応募者全員に寄附金額の最大6%分のPayPayギフトカードがプレゼントされます。 さとふるの日キャンペーン!最大6%分のギフト券プ...
【12/26購入分/申込2022/1/31まで】Microsoft 365がキャッシュバックキャンペーン!【Amazonでの購入で2,500円キャッシュバック!】
Amazonでの購入限定でキャッシュバックキャンペーンが開催されています。 【2021/12/26までの購入限定】 申込期限は2022/1/31まで Amazon公式 MS365キャッシュバックキャンペーンはこちら これ...

 

確定申告関連情報

令和2年分は持続化給付金などコロナウイルス支援のため、通常とは違う収入があります。事業支援のための給付金などは課税対象なので注意してください。

新型コロナの特別給付金や持続化給付金、協力金は課税されるのか?【事業者向けは基本的に課税対象、GoToトラベルの補助金額も課税対象なので注意!】
新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経済の落ち込みが深刻ですが、国や地方自治体が給付金や支援金、協力金などを支給しています。 給与所得者はあまり関係がありませんが、個人事業主や法人は確定申告で課税対象となるのか非課税になるのかが気...
【1/31まで延長】新型コロナウイルス支援策「持続化給付金」の申請要領の概要【個人事業主編】給付対象と給付額【5/8から支給切捨てなし】
持続化給付金の申請期限が延長されました。 延長の申込期限2021/1/31まで、書類の提出期限2021/2/15まで 持続化給付金は、中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給する給付金のことです。 無条件で支給さ...

 

今回の確定申告からe-TAXと従来の紙の申請で特別控除額に違いがあります。e-TAXじゃないと損ですよ!

令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更【e-TAXだと10万円アップ!】
令和2年(2020年)分から確定申告時の青色申告特別控除額が変更されました。 基礎控除額も変更されており、e-TAXの青色申告だと控除額が10万円アップします! 令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更 令和2...
freeeが電子申告開始ナビを開設【無料で簡単にe-Taxの準備ができるナビゲーション!】
オンラインでの会計・確定申告ソフトのfreeeが電子申告開始ナビを開設しました。 電子申告だと申告書の印刷や税務署に並ばなくても良くなり、とても便利ですよね。 電子申告してみたいんだけど、どうやってす...

コメント