方法・手順

副業・起業

国民年金保険料の免除制度とは-全額免除でも半分は積立てられる。株式譲渡益の注意点も-

7月になったので、さっそく、国民年金の保険料の免除申請に行ってきました。 年金は将来的に戻ってくる(いくら戻ってくるかは不安ですが。。)ので、全額支払ってもいいんですが、失業直後や収入が少ないときには保険料が生活を圧迫してしまいますよ...
健康

医療費控除の条件や手続き -高額だと税金が還付される-

皆さん医療費はいくらかかっているでしょうか? 若年層は頻繁に病院に行くことがありませんが、歯医者や怪我で意外と医療費がかかってしまうこともあります。 医療費もある程度の金額がかかると税金が安くなる場合があります。 医療費控除 ...

株式譲渡で損失が出た場合の申告不要等申出書の課税方式選択

株式の配当は確定申告で総合課税の配当控除を選択すれば、源泉徴収された税金が還付される場合があります。 地方自治体へ申告不要等申出書で「申告不要」を申し出れば、住民税の所得に含まれず国民健康保険の保険料が安くなります。この辺りは以下の記...

配当の税金と申告不要等申出書 -配当控除で住民税は下がるが健康保険料に注意!-

皆さん、確定申告は済ませたでしょうか? 所得税は確定申告で決まります。所得税以外に住民税や健康保険料も所得に応じて決まります。 株式の譲渡益や配当がある場合、状況に応じて申告方法を変えることで節税になることがあります。特に配当控...
副業・起業

無料の開業freeeだと「個人事業の開業届」が超簡単に作成できる -法人化時の会社設立も-

つい先日、個人事業の開業届を提出して、晴れて個人事業主になりました。開業届や青色申告の申請について以下の記事で紹介しています。 → 「個人事業の開業届の出し方」の記事はこちら → 「白色申告と青色申告の違い」の記事はこちら ...
副業・起業

青色申告承認申請書の出し方 -今年度分を青色申告するなら3/15までに提出-

前回記事で青色申告のほうが節税効果が高いと説明しました。 → 「白色申告と青色申告の違い」の記事はこちら → 無料で個人事業の開業届を作成するサービスはこちらの記事 青色申告するためには開業届だけでなく「青色申告承認申請書...
副業・起業

個人事業の開業届の出し方 -今年度分を青色申告するなら3/15までに提出-

現在リタイア生活を送っていますが、僕の場合、完全リタイアではなくセミリタイアです。貯金の取り崩し以外の収入源があり、フルには労働しませんが多少の作業を行っています。投資やこのブログの作業ですね。 投資のリターンだけだと個人事業の開業届...
退職・転職

上手に退職する方法【リタイア編】退職時期と手順、退職理由には工夫が必要

前回の記事では転職時の退職時期や理由、手順で気をつけることをお伝えしました。 転職とリタイアでは状況が異なるので、今回はリタイアするときの退職時に気をつけることを紹介します。 転職と異なるのは退職理由です。「リタイアする...
退職・転職

上手に退職する方法【転職編】退職時期と手順、退職理由は正直に伝えるほうが良い

転職やリタイヤするときに退職の手順は?退職理由をどうしようか?いつまでに退職を申し出ればいいんだろうか?と不安になると思います。 僕の転職とリタイアしたときの経験からどのように退職までを進めればいいのかをお伝えしたいと思います。 ...
健康

散髪はどうしてますか?僕は自分で切ってます -いつでも髪型を整えられて、散髪代が浮く!-

昨日、退職後に見直したい費用を書きましたが、普段支払ってる費用はすぐに思いつくんですが、自分が支払ってない費用はなかなか思いつかないんですよね。 今までの記事に散髪代が抜けてるのに気づきました。 はい、僕は散髪に...
スポンサーリンク