httpからhttpsへのリダイレクトの仕方

ブログ全般

WordPressは初期状態だとSSL化されていないhttpでのアクセスとなります。以前のWordPressインストールの仕方の記事でサイトアドレスをSSL化されたhttpsに変更する方法を説明しました。

ロリポップでのWordPressインストールのやり方
当サイトはlolipop!(ロリポップ!)のサーバーで運用しています。 ロリポップ!では、Wordpressを簡単にインストールすることができますが、僕が実際にインストールしたときに気をつけたことを書いてみます。 Wordpress...

今回は、httpでアクセスされてもhttpsへリダイレクトする方法を紹介します。

なぜリダイレクトするのか

httpsに設定しておかないと内部リンクがhttpで貼られてしまって、SSL化されているにも関わらずhttpでのアクセスを誘導していることになります。上記の記事はhttpsでリンクが貼られるようにする設定を紹介しています。

初期状態のままだとhttpでアクセスできますが、上記記事の設定を行ってもhttpでアクセスできる状態に変わりはありません。

せっかくなので、httpでアクセスされてもhttpsにリダイレクトさせませんか。

リダイレクトとは、閲覧しているユーザーの意思とは関係なく異なるアドレスへ自動で転送する機能のことです。

SSLで暗号化されていれば、閲覧しているユーザーのセキュリティが保護され安全なWEBアクセスができます。もしhttpでアクセスされてもhttpsへ自動で誘導してあげたほうがユーザーに親切だと思います。

httpsへのリダイレクト方法

httpsへリダイレクトするには、自分のサイトのルートディレクトリにある「.htaccess」ファイルにリダイレクトする記述を追加します。

ロリポップ!のサーバーを使用されている方は、以下の記事に編集方法が書いているので参考にしてください。

ロリポップのアクセス制限のやり方 -htaccsess編集-
前回の記事でロリポップのアクセス制限のやり方を説明しましたが、ロリポップ設定→パーマネント設定→パーマネント再設定と少し面倒ですよね。もう少し単純な方法を説明したいと思います。 ロリポップメニューでアクセス制限 まずは、前回記事...

編集する前にバックアップを取っておくなど気をつけてくださいね。

上の図はロリポップFTPで「.htaccess」ファイルを編集している状態です。

赤枠部分のコードを追加し、保存します。これだけです。

追加部分のコードのみ抜き出したので、コピペで貼り付けて構いません。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

リダイレクトの確認

自分のサイトを「http://~~~~」でアクセスしてみてください。

使用しているブラウザのアドレスの表示が「https://~~~~」に変わっていれば問題なく成功しています。

 

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバの情報は以下の記事を参考にしてください。

無料ブログから独自ドメインとレンタルサーバー移行時に気をつけること
今まで無料ブログのはてなブログから、独自ドメインとレンタルサーバーを用いたブログへ移行しました。過去記事でも書きましたが、制約の多い無料ブログから有料だけど自由度の高い構成に変更しました。 今回は、移行時に気をつけておきたいこ...

コメント