MNP転出、転入のやり方・手順 -ドコモ、au、ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え-

ハウツー

ドコモやau、ソフトバンクなどから格安SIMに乗り換えるときって、どのような手続きが必要でしょうか?

いきなり格安SIMのキャリアに申し込んでも、新規の電話番号が割り振られてしまいます。どうせなら今までの電話番号をそのまま使いたいですよね。

MNPを利用すれば電話番号をそのまま引き継いで新しいキャリアに乗り換えることができます。

「MNPは聞いたことがあるけど、具体的にどうするのか分からない!」と思われている方に向けてキャリア乗換えとMNPの手順を紹介します。

MNPとは

MNPはMobile Number Portabilityの略で、日本語では携帯電話番号ポータビリティと訳されます。

キャリアを乗り換えるときに今まで使用していた電話番号を新しいキャリアでもそのまま利用できる制度です。

現在利用しているキャリアにMNPを申請すればMNP予約番号が発行されます。MNP予約番号を乗り換え先のキャリアに伝えて契約すれば、今までの電話番号をそのまま新しいキャリアで利用できます。

MNP発行時の注意点

MNPを発行してもらうには手数料が必要です。

MNP転出手数料

  • NTTドコモ:2,000円
  • au:3,000円
  • ソフトバンク:3,000円

MNPでキャリアを乗り換える手順

新規に電話番号を開設する場合は、単に新しいキャリアに申し込めばいいのですが、MNPで電話番号を使い続けるためには、正しい手順で手続きを行う必要があります。

手順の概要

MNP転出、転入の手順
  • STEP1
    MNP転出を申し込む
    現在利用中のキャリアにMNP転出での解約を申し込む
  • STEP2
    MNP予約番号を取得する
    MNP転出を申し込むとすぐにMNP予約番号が発行される
  • STEP3
    MNP転入で新規キャリアと契約する
    新規キャリアへの申し込み時にMNP転入を選択し、MNP予約番号を伝える (MNP予約番号の発行から15日以内に新規契約を済ませる必要があります)
  • STEP4
    新規キャリアの手続き完了
    新規キャリアでの手続きが完了し、新しいSIMが利用できるようになると、自動で以前のキャリアの契約が解除される

MNP転出を申し込む

まず最初に現在利用中のキャリアにMNP転出での解約を申し込みます。

解約自体は新規キャリアのMNP転入が成功と同時に解約となります。

MNP転出での解約の申し込みだけ行って放置した場合は、期限の15日を超えた段階で解約が無効になります。解約だけされることはありません。

申し込み先

MNP転出での解約の申し込みは、基本的に電話か店舗になります。一部インターネットでも可能ですが、申し込める条件があります。

各キャリアの申し込み先は以下のボタンをクリックして確認してください。

NTTドコモの「MNPを利用した解約お手続き方法」のページはこちら

auの「MNPお手続き方法」のページはこちら

ソフトバンクの「MNP予約番号発行」のページはこちら

MNP転出の説明ページは各キャリアとも見つけにくいです。できるだけ解約して欲しくないことは分かりますが、もっと分かりやすいところに掲載して欲しいですね。

僕の実体験ですが、ソフトバンクをMNP転出するときに営業攻勢に会いました。「お客様は長く利用されているので、特別にポイントを差し上げます。」とか。機種変更にしか利用できないので大したメリットでもなく有無を言わさず解約しました。皆さんも負けないように気をつけてくださいね。

MNP予約番号を取得する

MNP転出での解約を申し込むとすぐにMNP予約番号を発行してくれます。

MNP予約番号はとても重要なので失くさないようにしましょう。
MNP予約番号は発行から15日間有効です。15日を越えると無効になります。

MNP転入での新規キャリアとの契約

MNP転入での申し込み・契約はインターネットでできます。格安SIMならインターネットのみの会社もあります。

MNP転入での申し込みは、とても分かりやすくなっています。新規に顧客と契約できるので当然ですね。

どのキャリアでも「新規番号発行」か「MNP転入」のどちらかが、すぐに分かるように申し込み画面を作っているので、まず間違えることはありません。

MNP転入の場合、取得した「MNP予約番号」を入力するだけです。

格安SIM7社を比較した記事は以下を参照してください。

新規キャリアの手続き完了

新規キャリアで手続きが完了すると、SIMカードが新たに発行され手元に届きます。

同梱されている説明書などに従って、開通手続きをしてください。

開通手続きは各キャリアによって異なりますが、SIMカードを端末に挿して、専用ページなどにアクセスすると開通手続きができます。

MNP転入の場合、開通手続きから数時間は通話できないことがあります。電話番号の切替作業があるので、しばらく待ちましょう。

まとめ

以上、MNP転出、転入でのキャリア乗り換えのやり方を紹介しました。

手続き自体は大して難しくありません。基本的にMNP転出は対人での申し込みになるので、なんとか解約させないよう説得されます。それが一番面倒くさいかもしれません(笑)。

MNP転出での解約を申し込んでも、実際にMNP転入での契約が成立しないと解約とはなりません。手続きに疎い人でも勝手には解約されないので安心してください。

新しいキャリアは以下の記事を参考にして選ぶのがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました