OCNモバイルONEのスマホを対象オプションの裏技で安く入手する方法[7/18更新]

格安SIM

OCNモバイルONEでは、いくつかの機種が対象オプションも同時に申し込むと3,000円OFFされます。

割引きされるのは嬉しいんですが、オプションを申し込むと月額料金が上がってしまいます。一体どちらのほうがお得なのか良く分からないですよね。

具体的に計算したので、紹介します。結論としては対象オプションを同時に申し込んで、すぐ解約するのがベストです。僕も紹介する方法で実際に購入しました。

結論として、紹介する裏技で1,650円安く入手できます。今なら月額料金も320円安くなりますよ!

OCNモバイルONE【人気スマホセール(8/5 11時まで)】の詳細はこちら

8/5までの人気スマホセールの詳細は以下の記事で紹介しています。

対象オプションで3,000円OFF

OCNモバイルONEで対象オプションと同時に音声SIMを申し込むとスマホが3,000円割引きされます。2019/4/18までは最大2,500円割引きでしたが、令和カウントダウンセール以降で割引額が大きくなっています。

対象オプション

対象オプションは以下の通りです。

OCN電話かけ放題

OCNモバイルONEで電話をかけた場合、都度料金が発生します。ほとんどの格安SIMサービスでは電話かけ放題サービスもオプションで用意されています。

OCN電話かけ放題は以下の3種類があります。

  • OCN電話 10分かけ放題
    • 1回につき10分以内の通話がかけ放題
    • 月850円(税抜)
  • OCN電話 トップ3かけ放題
    • よく話した通話3つの番号への通話料が0円
    • 月850円(税抜)
  • OCN電話 かけ放題ダブル
    • 「10分かけ放題」と「トップ3かけ放題」のセット
    • 月1,300円(税抜)

普段、電話をよくかける人には嬉しいオプションです。

サポートオプション

サポートオプションには以下の4つの種類があります。

  • マイセキュア
    • セキュリティ対策アプリ
    • 月250円(税抜)
    • 現在、新規申し込み画面からは選択できない
  • マイセキュア(5ライセンス)
    • セキュリティ対策アプリ
    • 月500円(税抜)
  • マイポケット
    • 128GBの大容量ストレージ
    • 月300円(税抜)
  • OCNプレミアムサポート  for スマートフォン
    • 電話/リモート接続でサポート
    • 月390円(税抜)

電子機器やネットに弱い人や初めてスマホを使う人、格安SIMに不安を持っている人には、しっかりしたサポートが受けられるので安心ですね。

 

音声SIMとスマホのセット購入時に「OCN電話 10分かけ放題」と「マイセキュア(5ライセンス)」を同時に申し込めば、端末代金から3,000円が割り引かれます。

 

上の画像のように、申し込み画面で割引きを選択するだけなので、簡単に申し込めます。

OCNモバイルONE【人気スマホセール(8/5 11時まで)】の詳細はこちら

割引き対象機種

全ての機種で割引きが適用される訳ではありません。対象機種は以下の通りです。3,000円割引き後の価格(税抜)を載せておきます。

(グリーングリーン セールが終了したので、通常価格に変更しました)

メーカー モデル セール価格 3000円割引価格
シャープ(日本) Aquos sense lite SH-M05 500円 対象外
HUAWEI(中国) HUAWEI nova lite 3 3,480円 480円
Motrola(中国) moto g7 power 通常15,800円 12,800円
ASUSTek(台湾) ZenFone Max(M2) (B633KL) 3,800円 800円
HUAWEI(中国) HUAWEI P20 lite 800円 対象外
Motrola(中国) moto g7 通常20,800円 17,800円
シャープ(日本) Aquos sense2 SH-M08 3,800円 800円
HUAWEI(中国) HUAWAI P30 lite 14,800円 対象外
ASUSTek(台湾) ZenFone Max Pro(M2)(ZB631KL) 7,800円 4,800円
Motrola(中国) moto g7 plus 通常27,800円 24,800円
シャープ(日本) Aquos sense plus SH-M07 4,800円 対象外
HUAWEI(中国) HUAWEI nova 3 14,800円 11,800円
シャープ(日本) AQUOS R2 compact SH-M09 37,800円 34,800円
HUAWEI(中国) HUAWAI P30 49,800円 対象外
シャープ(日本) AQUOS zero SH-M10 44,800円 41,800円
HUAWEI(中国) HUAWEI Mate 20 Pro 52,800円 49,800円

OCNモバイルONEの詳細はこちら

本当にお得なの?

対象オプションを同時に申し込めば3,000円割引きになりますが、オプションの月額利用料金が発生します。

本当にお得なんでしょうか? 騙されていないんでしょうか?

本当にお得なのかシャープのAQUOS sense2 SH-M08を例に具体的に計算してみます。初月は以下の通りです。(価格は税抜き)

オプションなし オプションあり
本体価格 3,800円 3,800円
対象オプション割引き 対象外 △3,000円
初期費用 3,000円 3,000円
SIMカード手配料 394円 394円
月額利用料金 1,600 1,280円 1,600 1,280円
OCN電話 10分かけ放題 なし 850円
マイセキュア(5ライセンス) なし 500円
初月合計 8,474円 6,824円

初月はたしかに安くなっています。でも長期間のコストで比べないと意味がありませんよね。

1年間にかかる費用は以下の通りです。(価格は税抜き)

オプションなし オプションあり オプションあり(オプション解約)
本体価格 3,800円 3,800円 3,800円
対象オプション割引き 対象外 △3,000円 △3,000円
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
SIMカード手配料 394円 394円 394円
月額利用料金 15,360円
(1,280円×12)
15,360円
(1,280円×12)
15,360円
(1,280円×12)
OCN電話 10分かけ放題 なし 10,200円
(850円×12)
850円
マイセキュア なし 6,000円
(500円×12)
500円
1年間合計 22,554円 35,754円 20,904円

「オプションあり」だと「オプションなし」より約13,000円高くなります。結局、長期間利用すると高くなってしまうんですね。(継続してオプションを利用する場合、初月は無料でオプション利用できるので実際には少し安くなります)

オプションの裏技

上の表に載せていますが、実は裏技があります。

購入時に対象オプションを申し込んで3,000円割引きしますが、すぐにオプションを解約します。オプションは回線開通後にユーザーページから簡単に解約できます。

OCNモバイルONEは最低利用期間6ヶ月があり、6ヶ月以内に解約すると違約金8,000円(不課税)が発生します。しかし、オプションには最低利用期間がありません。すぐに解約できます。(初月にオプション解約した場合、初月オプション無料の特典はなくなります)

すぐにオプションを解約した場合、初月のみオプション費用がかかりますが、1年間のトータルの利用料金は20,904円とオプションなしで申し込んだ場合よりも1,650円安くなります。

オプションの解約の仕方・手順は以下の記事を参考にしてください。

他社から乗り換えの方

MNPを利用すれば今までの電話番号をそのまま使用できます。以下の記事で紹介しています。

まとめ

以上、OCNモバイルONEの対象オプション同時申し込みで最大3,000円割引きを紹介しました。僕もこの方法で3月にSH-M08を購入しました。

すぐにオプションを解約すれば、オプション無しで申し込むより1,650円安くなります。オプション解約するので、初月以外はオプション費用がかかりません。

8/5まで。

今なら2年間の月額料金が毎月320円割引きされます。トータル7,680円の割引きで、とてもお得ですよ!もともと月額1,600円と安いんですが、さらに安く利用できます。

OCNモバイルONE【人気スマホセール(8/5 11時まで)】の詳細はこちら

 

他の格安SIMサービスも知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

コメント