シャープ AQUOS zero2 SH-M13機種情報【有機ELディスプレイ搭載、DOLBY ATMOSにも対応】

スマホ
スポンサーリンク
1円機種多数あり!最新スマホが最大1.5万円OFF!
OCNモバイルONE

シャープ AQUOS zero2 SH-M13

概要

AQUOS zero2 SH-M13はシャープのSIMフリーモデルの最新、高性能機種です。実売価格は約10万円です(Amazonなどの通販で単体で購入した場合)。

2020/3/13発売で、各MVNO事業者で順次取り扱われる予定です。

OCN モバイル ONEがMNP、対象オプション加入で最大8,000円OFFの最安値!

OCNモバイルONE

 

2019年12月下旬にAQUOS sense3 plus SH-M11が発売されました。SH-M11は高性能なのにリーズナブルな価格帯(約6万円)が売りでしたが、SH-M13は有機ELディスプレイ搭載でさらに高性能になっていることが特徴です。

【AQUOS zero2】CONCEPT MOVIE

有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイを搭載しています。

2019年4月に発売されたAQUOS zero SH-M10も有機ELなので、zeroシリーズは有機ELということになります。

出典:シャープAQUOS zero2 SH-M13製品ページより抜粋

有機ELはこれまでの液晶と全く方式が異なります。液晶はバックライトが必要ですが、有機ELは素子自体が光ります。液晶の黒はバックライトの光を遮ることで実現しますが、どうしても光が少し漏れます。

有機ELの黒は光らないことで実現するので、本当の黒になります。コントラスト比がとても高く、液晶より色再現性がとても優れています

高解像度ディスプレイ

SH-M11/12は解像度が2,220×1,080画素または2,160×1,080画素でしたが、SH-M13の解像度は、2,340×1,080画素です。画面の縦横のサイズに合わせて画素数が違うだけだと思うので、ほぼ同等の解像度です。フルHD+です。

SH-M10は2,992×1,440画素だったので、解像度はSH-M10のほうが優れています。

性能が落ちたのかというと、余り気にしなくていいと思います。

50インチや65インチの4Kテレビってメチャクチャ綺麗ですよね。4Kは3,840×2,060画素です。4Kテレビとスマホの大きさを比べてみてください。4Kテレビの大画面ならいざ知らず、スマホサイズの画面だとフルHD+で十分です。SH-M10はオーバースペックで、あそこまでの解像度が必要なかったということでしょう。

明るさがアップ!

従来機種AQUOS zeroと比較して明るさ150%。Rich Color Technology Mobile、6.4インチFHD+

AQUOS zero SH-M10から明るさが150%にアップしています。

アウトドアビューでさらに見やすく!

アウトドアビューOFFとONの見えやすさの差

周辺環境と映像の明暗の差を分析し、自動で賢くコントラストを最適化してくれます。それに加えて、バックライトも輝度アップしたことで屋外での視認性が一段と向上しています。

DOLBY VISON/ATMOSに対応!

DOLBY VISION/ATMOSに対応しています。

出典:シャープAQUOS zero SH-M10製品ページより抜粋

映画館やホームシアター機器にも使われているHDR映像技術「DOLBY VISION(ドルビービジョン)」を搭載しています。

HDRはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略です。色のレンジ(色域)がとても広く、最大輝度を高めて、より大きなコントラスト、階調、豊かな色彩で再現されます。

HLGやYouTube VP9にも対応しています。

ステレオスピーカーでDOLBY ATMOSを最大限に活かす!

立体音響技術「Dolby Atmos」 ステレオスピーカー

DOLBY ATMOSは最新のサラウンドの規格です。従来のDOLBY Degital+では前後左右から音声が聞こえましたが、ATMOSは上方向からも音が聞こえます。

従来は面方向にサウンドが広がりますが、ATMOSではさらに縦方向にも広がります。サウンドの3Dでしょうか。

出典:シャープAQUOS zero SH-M10製品ページより抜粋

SH-M09もDOLBY VISION/ATMOSに対応しています。SH-M09はステレオスピーカーが内蔵されていないので、ATMOSで聞くためにはイヤホンが必要です。

SH-M10やSH-M13はステレオスピーカーが内蔵されているので、本体スピーカーからのサウンドがATMOSに対応しています。この差はかなり大きいと思います。

クリアで高音質なサウンド!

ハイレゾ/aptX HD/arpX Adaptive/TrueWireless Stereo Plus

音楽CDよりも高音質なハイレゾの再生に対応しています。また、aptX™ HD、aptX™ Adaptive、TrueWireless™ Stereo Plusに対応しており、ワイヤレスでもクリア音楽を楽しめます。

OCNモバイルONE

4倍速ディスプレイでゲームもクリアな画面で楽しめる!

従来の4倍速のリフレッシュレート240Hz表示とタッチパネルにより、従来のハイスピードIGZOを超える高速な表示と機敏なタッチ操作を実現しています。

【AQUOS zero2】リフレッシュレート240Hz表示

上の動画はリフレッシュレート240Hz表示のイメージ動画です。ちょっと動画が短くて理解しづらいと思うので、少し説明します。

一般的な薄型テレビはリフレッシュレート60Hzです。スマホの多くの機種も60Hzです。

SH-M13では、映像自体は従来の2倍の120Hzで表示し、各フレームの間に黒画像を挿入します。各フレームをF1,F2のように表すと、以下のように表示されます。

従来F1F2
SH-M13F1F1F2F2

 

「言ってることは分かるけど、何がいいの?」と思われるかもしれません。

元々60Hzの映像を240Hzで表示したからと言って、新たにフレームとフレームの間の映像ができる訳ではありません。存在しないものを作る訳ではありません。

人間の目には残像があります。高速に動く映像は残像が邪魔をし、ぼやけて見えます。例えば電車や自動車で移動中に近くの景色がハッキリとは見えませんよね。

従来のリフレッシュレート60HzだとF1とF2の境界がぼやけて見えます。

SH-M13では4倍速の240Hzで黒フレームを挿入しているので、人間の目の残像が消えた後に次のフレームを見ることになるので、ぼやけたように見えずくっきりとした映像として認識できます。

 

映画などは人間の目の残像を考慮して制作されているので、あまり気にならないと思いますが、ゲームはそれほど考慮して作られていません。SH-M13は画面のタッチレスポンスも従来の4倍速になっているので、リフレッシュレート240Hzのくっきり画面とタッチレスポンス向上で、ストレスなくゲームを楽しむことができます。

2つのカメラで明るく、広く、より美しく!

薄暗いシーンでも、ノイズを抑えてキレイに撮れる超広角&高画質カメラ。電子式と光学式のW手ブレ補正で動きながらでもしっかりブレを抑えます。

広角カメラ:見たままを広々撮れる。約2,010万画素超広角125°ドラマティックワイドカメラ、標準カメラ:薄暗いシーンでも明るく撮れる。約1,220万画素 大型ピクセル+F1.7の明るいレンズ

超広角125°

標準カメラなら見たままを大きく、125°の広角カメラならさらに広い範囲を撮ることができます。

広角カメラと標準カメラの画像

背景のぼかしを自由自在に!

人物を撮るときに、ファインダー上で背景のぼかし具合を確認しながら撮影できます。

ぼかし具合を確認しながら撮影できる

ぼかし機能は他の機種にもありますが、撮影した後から加工ではなく、確認しながら撮影できるのが嬉しいですね。

 

以上、シャープAQUOS zero2 SH-M13の特徴を紹介しました。

有機ELディスプレイを搭載し、リフレッシュレート240HzやHDR10対応など、美しく綺麗で、高速な映像もくっきり映します。カメラ性能も高く、背景のぼかし具合を確認しながら撮影もできます。

DOLBY VISION/ATMOS対応、ステレオスピーカー搭載なので、臨場感あふれるサウンドを本体で聴くこともできます。

従来機種と比較しました。

 

AQUOS zero2 SH-M13は2020/3/13より各社から順次発売されます。

 

OCN モバイル ONEが最安値です。MNP/対象オプション加入で最大8,000円OFFになっています!

→ OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら

OCNモバイルONE

シャープAQUOS zero2 SH-M13の申し込みはこちら

 

格安SIM各社の価格はこちら

スマホ機種一覧に戻る

 

シャープ AQUOS zero2 SH-M13の機種情報です。

基本性能

メーカーシャープ
日本
機種/モデル名AQUOS zero2 SH-M13
型式SH-M13
本体カラーアストロブラック
画面サイズ約6.4インチ
画面解像度1,080 × 2,340ドット フルHD+
有機EL
アウトカメラ約2,010万画素(広角)+約1,220万画素(標準)
光学式手ブレ補正(標準カメラ)
電子式手ブレ補正(動画撮影時)
インカメラ約800万画素
電子式手ブレ補正(動画撮影時)
サウンドHi-Res
DOLBY ATMOS
OSAndroid™ 10
CPUQualcomm® Snapdragon™ 855 mobile platform(SDM855) 2.8GHz+1.7GHz オクタコア
内蔵メモリーRAM 8GB(LPDDR4X)
ROM 256GB(UFS Type)
外部メモリー
バッテリー3,130mAh
通信方式
LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B11/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B28/B38/B39/B41/B42
3G:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
GSM:850/900/1800/1900MHz
SIMスロットnanoSIM×2 DSDV対応
BluetoothBluetooth® 5.0
Wi-fi
IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC対応
Felica対応
生体認証指紋認証/顔認証
防水IPX5/IPX8
防塵IP6X
センサーGPS(GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、QZSS(みちびき)対応)/加速度/地磁気/ジャイロ/近接/照度
コネクタUSB Type-C™
付属品保証書 / クイックスタートガイド / 3.5㎜イヤホン変換アダプタ / SIM取り出しツール(試供品)
外形サイズ
約158mm×約74mm×約8.8mm
重量約141g
発売日2020/03/13

格安SIM各社の価格はこちら

スマホ機種一覧に戻る

OCNモバイルONE

シャープ製スマホAQUOSシリーズ各機種の機能比較はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました