【廉価モデル編】シャープ製スマホAQUOS sense3と従来機種(SH-M08/07)の機能・性能を比較

スマホ

2019年10月からシャープ製スマホの最新機種AQUOS Sense3シリーズが順次発売されています。

AQUOS Sense3にはplus/SH-M12/UQ mobile/liteと複数のモデルがあります。それぞれのモデルの違いは以下の記事で紹介しています。plusは高性能モデルでそれ以外は取扱い事業者に合わせた仕様になっています。

シャープ製スマホは従来機種も現役で販売されているので、Sense3と従来機種の機能・性能を比較したいと思います。

従来機種はセールしていたりするので、性能が同じなら安いほうがいいですからね。

従来機種の比較は以下の記事でも紹介しています。

→ シャープ製スマホ AQUOSスマホシリーズの各機種の機能・性能を比較【SH-M10/09/08/07】

 

Sense3はplusが高機能モデル、それ以外がお手軽なエントリーモデルとなっているので、それぞれのタイプごとに従来機種と比較します。本ページでは廉価モデルを比較します。

シャープ廉価モデルの比較

現在販売(または販売予定)されている廉価モデルは以下の機種があります。

各機種の機能・性能の仕様は以下の表の通りです。

Sense3はSH-M12の仕様を代表として記載します。UQ mobileとliteはSH-M12の一部だけ機能が異なります。

価格は税抜きです。

項目Sense3
SH-M12
Sense2
SH-M08
Sense lite
SH-M07
発売日2019/11/272018/12/272018/6/22
実売価格(参考)約36,000円 約23,000円約36,000円
ディスプレイ有機EL液晶(IGZO)液晶(IGZO)
解像度2160×10802160×10802160×1080
画面サイズ約5.5inch約5.5inch約5.5inch
アウトカメラ標準約1200万画素
広角約1200万画素
(liteは標準のみ)
約1200万画素約1640万画素
インカメラ約800万画素約800万画素約800万画素
Virtual HDR
DOLBY ATMOS
スピーカーモノラルモノラルモノラル
ROM/RAM64GB/4GB32GB/3GB32GB/3GB
CPUSDM630
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
SDM450
1.8GHz オクタコア
SDM630
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
OSAndroid 9 PieAndroid 9 Pie(アップデート)Android 9 Pie(アップデート)
SIMカードnano SIM×2
(UQ/liteは1枚)
nano SIM×1nano SIM×1
防水IPX5/8IPX5/8IPX5/8
防塵IP6XIP6XIP6X
バッテリー容量4000mAh2700mAh3100mAh
充電時間約170分 ※1約180分約200分
連続通話時間約2680分 ※1約1920分約1850分
連続待受時間約850時間 ※1約620時間約670時間
重量約167g
(liteは約166g)
約155g約157g
外形(約[mm])147×70×8.9148×71×8.4151×71×8.9

※1:UQ mobileとliteの数値が異なる → 詳細はこちら

発売日と実売価格を除いて、性能が悪いほどセルを濃く塗っています。

全体的な性能はSH-M12>SH-M07>SH-M08の順だと思いますが、その差はあまり大きくないと思います。

画面ディスプレイは全て同じ

全機種で液晶パネルはIGZO、画面サイズも約5.5インチと同じです。

 

バーチャルHDRのイメージ

バーチャルHDRのイメージ

もちろんVirtual HDRも全機種が対応しています。

物理性能、画像処理機能とも同じです。Sense3 = SH-M08 = SH-M07ですね。

アウトカメラは悩むところ

内蔵カメラは全機種で約800万画素で同じです。

アウトカメラは構成が違うので、ちょっと悩んでしまいますね。

SH-M08とSH-M07は一つのアウトカメラです。画素数はSH-M07が約1640万画素と勝っています。

 

Sense3 SH-M12のアウトカメラ

Sense3 SH-M12のアウトカメラ

Sense3(SH-M12/UQ mobile)は約1200万画素のカメラが2個ついています。

Sense3 SH-M12の広角カメラと標準カメラの撮影イメージ

Sense3 SH-M12の広角カメラと標準カメラの撮影イメージ

広角カメラは景色などの空間の広がりを撮影したいとき、標準カメラは人物などを美しく撮影したいときに使用します。

カメラの画素数だけで比較するとSH-M07の約1640万画素が優れているのですが、撮影シーンの幅の広がりを考慮するとSense3の標準カメラ/広角カメラの構成のほうが優れています。

画素数が2倍も違うわけではないので、以下の順になると思います。

Sense3(SH-M12/UQ mobile) > SH-M07 > SH-M08=Sense3 lite

サウンドはモノラルスピーカー

サウンドは全機種モノラルスピーカーです。

SH-M09/10やSense3 plusのようなDOLBY ATMOS対応ではありません。

廉価モデルなので、高機能モデルのような機能がついてないのはしょうがないですね。

基本性能はSense3

CPUはSense3とSH-M07が同じで、SH-M08より性能が高いです。

ROM/RAMはSense3が優れています。

基本性能は以下の順位です。

Sense3 > SH-M07 > SH-M08

Sense3 SH-M12のみDual SIM対応

Sense3 SH-M12のみDual-SIM対応で2枚のnanoSIMを挿すことができます。

一般的な使い方ではないかもしれませんが、複数の格安SIM事業者と契約していたり、データ容量増量のために2枚目のSIMを契約している人には、とても便利です。

バッテリーはSense3が大容量だが若干重い

バッテリー容量はSense3が4,000mAhと大容量のバッテリーで、他機種を大きく引き離しています。

連続通話時間や待受時間もバッテリー容量に比例しています。

Sense3 >> SH-M07 > SH-M08 です。

大容量バッテリーなので、さぞ重くなっていると思いきや、約10g程度しか重くなっていません。この程度の差だと手に持って比べても分からないんじゃないでしょうか。

廉価モデルのまとめ

各機種ごとに優れている面をピックアップします。

どの機種も似た性能なので、性能面ではどれを選んでも問題ないと思います。

Sense3 SH-M12

標準/広角2カメラ CPU性能 ROM/RAM容量 大容量バッテリー デュアルSIM対応

標準/広角2カメラで基本性能が高いです。大容量バッテリーを搭載しており、長時間使用する人は重宝すると思います。大容量バッテリーなのに約10g程度しか重くなっていないことも評価できます。

SH-M12のみデュアルSIM対応です。

取扱い事業者も多く、全ての人に最もおすすめの機種です。

取扱い事業者:OCNモバイルONE IIJmio BIGLOBE mineo

Sense3 SH-M12の詳細情報はこちらSense3 SH-M12の価格情報はこちら

OCN モバイル ONEが最安値です。MNP/対象オプション加入で最大8,000円OFFになっています!

→ OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら

OCNモバイルONE/OCN光

→ OCNモバイルONEが新コース開始!従来コースとの違いは?【値下げなのに高速通信の速度向上!最低利用期間・違約金なし!特典も盛り沢山!】

 

Sense3 UQmobile

標準/広角2カメラ CPU性能 ROM/RAM容量 大容量バッテリー

標準/広角2カメラで基本性能が高いです。大容量バッテリーを搭載しており、長時間使用する人は重宝すると思います。

SH-M12では対応しているデュアルSIMに対応していないところだけ残念です。UQ mobileでないと駄目な人以外はSH-M12のほうがいいと思います。

取扱い事業者:UQ mobile

Sense3 UQmobileの詳細情報はこちらSense3 UQmobileの価格情報はこちら

Sense3 lite

CPU性能 ROM/RAM容量 大容量バッテリー

基本性能が高く大容量バッテリーを搭載しており、長時間使用する人は重宝すると思います。

アウトカメラが一つでデュアルSIMに対応していないところが残念です。やはりliteという感じです。

楽天モバイルのみで取り扱っています。楽天モバイルだとSense3 plusのほうがいいかもしれません。

→【高機能モデル編】シャープ製スマホAQUOS zero2 SH-M13と従来機種(SH-M10/SH-M11)の機能・性能を比較

取扱い事業者:楽天モバイル

Sense3 liteの詳細情報はこちらSense3 liteの価格情報はこちら

Sense2 SH-M08

全ての面で微妙に劣っているので、性能・機能ではピックアップすべき面がありません(笑)。一番軽いんですが、SH-M07とは2g、SH-M12とは12gしか変わりません。

ほんのちょっとずつ劣っているだけなので、普通に使う分には全く問題ないと思います。

SH-M08の特筆すべき部分は、なんせ価格です。

SH-M08は最も取り扱い事業者が多っかたのですが、徐々に取扱いが少なくなってきています。現在は、1社のみ取り扱っています。

取扱い事業者:IIJmio

SH-M08の詳細情報はこちらSH-M08の価格情報はこちら

Sense lite SH-M07

高精細カメラ CPU性能

アウトカメラが一つだけですが、画素数は最も多い約1640万画素です。CPU性能もSense3と同じです。

但し、発売日が古いので、各社での販売は終了しました。

取扱い事業者:なし

SH-M07の詳細情報はこちらSH-M07の価格情報はこちら

 

高機能モデルの比較は以下の記事で紹介しています。

 

AQUOSシリーズの価格比較はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました