HUAWEI nova lite 3+/P30 lite/nova lite 3の違いは?性能・仕様を比較【全体的に性能が高いP30 liteがオススメ!nova lite 3+は128GB大容量内蔵メモリ!】

仕様性能比較
スポンサーリンク
OCNモバイルONE

2020/5/29にHUAWEI製スマホHUAWEI nova lite 3+が発売されました。格安SIMでは2020/6/25からIIJmioで取扱いが始まっています。

HUAWEI nova lite 3+は、HUAWEI nova lite 3の後継機で、フルHD+の高解像度ディスプレイ、大容量バッテリーを継承し、内蔵メモリの容量が大幅に向上しています。

HUAWEI社からは同時期にP40 lite EP40 Pro 5Gなども発売されましたが、お手頃な価格帯の機種を探している人はHUAWEI nova lite 3+が目に止まったのではないでしょうか。

今回は比較的安価なHUAWEI nova lite 3+HUAWEI P30 liteHUAWEI nova lite 3の3機種の機能や仕様の違いを比較したいと思います。

価格情報は基本的に税抜き価格です。
画像はソニー公式ページのものを使用しています。

HUAWEI製 低価格スマホの機能・性能の比較

HUAWEI社からはたくさんの機種が販売されていますが、今回は低価格のスマホに絞って比較します。

nova lite 3+


機種情報はこちら
発売日:2020/05/29
画面カメラ重量
液晶
6.21インチ
1300万画素163g
端末価格(一括)6,720円~
2年間総額(通信料込)39,720円~
5年間総額(通信料込)97,320円~

格安SIM各社の価格を比較

P30 lite


機種情報はこちら
発売日:2019/05/24
画面カメラ重量
液晶
6.15インチ
2400万画素159g
端末価格(一括)9,753円~
2年間総額(通信料込)58,595円~
5年間総額(通信料込)116,195円~

格安SIM各社の価格を比較

nova lite 3


機種情報はこちら
発売日:2019/01/30
画面カメラ重量
液晶
6.21インチ
1300万画素160g
端末価格(一括)18,000円~
2年間総額(通信料込)57,470円~
5年間総額(通信料込)111,830円~

格安SIM各社の価格を比較

 

各機種の機能・性能の仕様は以下の表の通りです。

価格は税抜きです。

項目nova lite 3+P30 litenova lite 3
発売日2020/05/292019/05/242019/01/30
実売価格(参考)2.3万円2.6万円1.6万円
ディスプレイ液晶
解像度2,340 x 1,080
フルHD+
2,312 x 1,080
フルHD+
2,340 x 1,080
フルHD+
画面サイズ6.21inch6.15inch6.21inch
アウトカメラメイン:1,300万画素
深度測定:200万画素
メイン:2,400万画素
超広角:800万画素
深度測定:200万画素
メイン:1,300万画素
インカメラ800万画素2,400万画素1,600万画素
オーディオHUAWEI Histen 音響効果, ハイレゾ対応
スピーカーモノラル
ROM/RAM128GB/4GB64GB/4GB32GB/3GB
外部メモリーmicroSD™ (最大512GB)
SIMデュアルnanoSIM
端子USB Type-C
3.5mm イヤホンジャック
USB 2.0 Micro-B
3.5mm イヤホンジャック
CPUHUAWEI Kirin710 オクタコア
(4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
OSEMUI 9.0 (Android 9 ベース)
防水・防塵非対応
バッテリー容量3,400mAh3,340mAh3,400mAh
急速充電非対応対応非対応
おサイフケータイ非対応
重量163g159g160g
外形([mm])155.36 x 73.55 x 8.2152.9 x 72.7 x 7.4155.2 x 73.4 x 7.95

記載スペースの関係で、数値の「約」を省略しています。

性能が良いほどセルを濃い黄色で塗っています。

全体的な性能は P30 lite > nova lite 3+ > nova lite 3です。

この3機種は非常に仕様が似ています。

仕様が違うのはカメラ、内蔵メモリ、オーディオ、急速充電ですね。最新機種よりもP30 liteのほうが性能が高いのが意外です。

もう少し詳細に見ていきたいと思います。

ディスプレイはフルHD+でほぼ同じ仕様

nova lite 3+の画面

ディスプレイは一般的な液晶で約6.15~6.21インチとほぼ同じサイズです。画素数もほぼ同じで高精細なフルHD+です。

低価格の機種の中には1500×720程度のHD+の機種もありますが、フルHD+なので満足できると思います。

「動画は見ないから気にしてないよ」と思う方も、文字の滑らかさが全く違います。フルHD+を超えると人間の目には違いがほとんど認識できない(スマホの画面サイズの場合)のであまり意味が無いと思いますが、HD+とフルHD+の違いは、はっきりと感じられます。

 

ディスプレイは、ほとんど差がありません。

ディスプレイは nova lite 3+ = nova lite 3 ≒ P30 lite です。

カメラはP30 liteが圧倒的に高性能!

アウトカメラ

上の画像はP30 liteのアウトカメラ構成で、最大2,400万画素の超高解像度カメラに加え、長広角/深度測定の3眼カメラ構成です。

上の画像は超広角カメラで撮影されたものです。

 

nova lite 3+は1,300万画素と深度測定カメラ、nova lite 3は1,300万画素カメラのみです。

アウトカメラは画素数もレンズ構成もP30 liteが圧倒的に優れています。

アウトカメラは P30 lite >> nova lite 3+ > nova lite 3 です。

インカメラ

インカメラもP30 lite2,400万画素と圧倒的に優れています。

低価格モデルは一般的に800万画素程度が多いので、nova lite 3も1,300万画素の高解像度なので、結構いいと思います。

nova lite 3+は、一般的な800万画素です。新しい機種なんですが、イマイチな仕様なのが残念ですね。

インカメラは P30 lite > nova lite 3 > nova lite 3+ です。

P30 liteはHi-resオーディオ対応!

P30 liteはハイレゾオーディオに対応しています。

最近はイヤフォンジャックがない機種もありますが、イヤフォンジャックはどの機種もついています。

Bluetoothも搭載されているので、ワイヤレスだと別にイヤフォンジャックはいりませんが、昔のイヤフォンも挿せるのは嬉しいですね。

オーディオは P30 lite > nova lite 3+ = nova lite 3 です。

CPU・メモリのパフォーマンスは?

CPUは同じ

採用しているCPUは、どの機種もHUAWEI Kirin710です。

他社のスマホはQualcomm® Snapdragon™を採用している機種が多いのですが、HUAWEIは自社のCPUです。性能的にはQualcommのSDM+数字とHUAWEI Kirin+数字の数字部分の値が同じだと同等性能だと言われています。

今回の3機種だとSDM710と同等性能です。SDM710はこの価格帯の機種だとそこそこ高性能のCPUなので、CPU性能は問題なさそうです。

CPU性能は nova lite 3+ = P30 lite= nova lite 3 です。

メモリは低価格帯の機種としては優秀!

メモリは以下の通りです。

機種RAMROM
nova lite 3+4GB128GB
P30 lite4GB64GB
nova lite 33GB64GB

ようやく、ここでnova lite 3+が出てきました。nova lite 3と比べるとnova lite 3+は大幅に性能がアップしています。

ROM/RAMは nova lite 3+ > P30 lite > nova lite 3 です。

全機種が外部メモリ対応、デュアルSIM

どの機種も外部メモリmicroSD™ (最大512GB)に対応しています。

また、どの機種もデュアルSIM対応です。

1点だけ注意があります。SDカードとSIMスロット1つは共有です。「SIM2枚」または「SIM1枚とSDカード1枚」のどちらかなります。全てを同時に使用することはできません。
スロットは nova lite 3+ = P30 lite= nova lite 3 です。

バッテリー容量は約3,400mAhの大容量!

バッテリー容量は3,340~3,400mAhの大容量のバッテリーです。

古い機種だと2,000mAh程度なので、3,400mAhもあれば十分だと思います。

外出している時間が長く、なかなか充電する機会がない人は、できるだけ大きいバッテリーのほうが良いと思います。

バッテリー容量は nova lite 3+ = nova lite 3 ≒ P30 lite です。

P30 liteは急速充電に対応!

バッテリー容量が大きいに越したことは無いのですが、実は充電時間も見たほうがいいです。

P30 liteのみ急速充電に対応しています。

公式ページなどを見ても具体的な充電時間が明記されていないのですが、他社スマホの仕様などを見ると急速充電対応だと明らかに短時間で充電できます。

外出先で数十分程度の休憩中に充電しても、かなり充電できると思います。

バッテリーを総合すると P30 lite > nova lite 3+ = nova lite 3 です。

サイズや軽さは?

P30 liteが薄い!

縦と横幅はあまり変わりませんが、薄さに差があります。

  • P30 lite:7.4mm
  • nova lite 3:7.95mm
  • nova lite 3+:8.2mm

P30 litenova lite 3+は0.8mmも差があります。約10%の差なので結構大きいと思います。

薄さは  P30 lite > nova lite 3 > nova lite 3+ です。

160g前後と軽い!

大容量バッテリーを搭載している機種は、重いのですが、この3機種は160g前後とかなり軽いです。

2,000mAh程度のバッテリーしかない他社モデルだと170g程度が多いので、結構軽いと思います。

3機種の中では4gしか差がないので、ほぼ誤差範囲だと思います。

軽さは P30 lite ≒ nova lite 3 ≒ nova lite 3+ です。

おサイフケータイ/防水・防塵には非対応

日本メーカーのスマホはほとんどおサイフケータイ/防水・防塵仕様になっていますが、海外メーカーはあまり防水・防塵にこだわっていません。世界的な需要としては防水・防塵はあまり要求されていません。

おサイフケータイは日本独自の仕様なので、海外メーカーはほぼ搭載していません。

おサイフケータイ/防水・防塵仕様が欲しい人は日本メーカーを選んだほうがいいですね。

海外メーカーだとOPPO Reno3 Aがおサイフケータイ/防水・防塵仕様です。実は有機EL/最大4,800万画素4眼アウトカメラとメチャクチャ性能が高いのですが、7/15までセール中で1万円台で入手できます。

OCNモバイルONE

まとめ

各機種とも項目ごとに優劣がありますが、ザクッと全体的に評価すると

全体的な性能は P30 lite > nova lite 3+ > nova lite 3

だと思います。

各機種の特徴を簡潔に表すと以下のようになります。

機種特徴
nova lite 3+最新機種だが全体的な性能は控え目。内蔵メモリは断トツに大容量。
P30 lite高性能カメラ/ハイレゾオーディオ対応などほとんどの性能が高い。最も薄く急速充電にも対応。
nova lite 3内蔵メモリが小さいが、それ以外はnova lite 3+と同等かそれ以上。

安さならnova lite 3

結構古い機種なので、安く販売されています。

意外とnova lite 3の性能が悪くないんですよね。最新機種のnova lite 3+とはかなり性能差があると思ったんですが、内蔵メモリが小さいくらいです。アウトカメラも最大画素数は同じ1,300万画素ですし、インカメラは逆にnova lite 3のほうが性能が高いです。


機種情報はこちら
発売日:2019/01/30
画面カメラ重量
液晶
6.21インチ
1300万画素160g
端末価格(一括)18,000円~
2年間総額(通信料込)57,470円~
5年間総額(通信料込)111,830円~

格安SIM各社の価格を比較

但し、nova lite 3+が発売されたこともあって、販売が終了してきています。6/30までIIJmioが100円で販売していたのですが、現在は販売終了になっています。

キャンペーンの切り替わり時期なので、もしかしたら復活するかもしれませんが、現時点では格安SIMでの取り扱いは終了しています。

性能重視ならP30 lite

性能重視ならP30 liteで決まりです。

最大2,400万画素3眼アウトカメラ、2,400万画素インカメラ、ハイレゾオーディオ、大容量バッテリーで急速充電対応、3機種の中で最も性能が高いです。

唯一、内蔵メモリがnova lite 3+に負けていますが、それ以外の性能は上か同等です。

特にカメラ/オーディオ/急速充電を重視する人はP30 liteがオススメです。


機種情報はこちら
発売日:2019/05/24
画面カメラ重量
液晶
6.15インチ
2400万画素159g
端末価格(一括)9,753円~
2年間総額(通信料込)58,595円~
5年間総額(通信料込)116,195円~

格安SIM各社の価格を比較

 

通販での実売価格は約26,000円(税抜)です。

格安SIMではY!mobileが最安値ですが、トータルコストはIIJmioのほうが安いです。

IIJmioはMNPだと3,000円キャッシュバックがあるので、実質16,800円になります。

通販の実売価格から1万円程度安い価格ですね。性能からするとかなりお得だと思います。

IIJmioの【P30 lite】はこちら

内蔵メモリ重視ならnova lite 3+

nova lite 3+の最大の特徴は大容量内蔵メモリです。RAM6GB/ROM128GBと大容量です。

写真をたくさん撮影したり、いろいろなアプリを入れる人は内蔵メモリが大きいnova lite 3+がオススメです。外部メモリにアプリを入れることは通常できないので、内蔵メモリが大きいモデルのほうがいいと思います。

それ以外の性能はP30 liteが優れていますが、特別に性能が悪い訳ではなく、この価格帯のモデルだと標準的な仕様だと思います。

最新機種なので、メンテナンス面などは安心できると思います。


機種情報はこちら
発売日:2020/05/29
画面カメラ重量
液晶
6.21インチ
1300万画素163g
端末価格(一括)6,720円~
2年間総額(通信料込)39,720円~
5年間総額(通信料込)97,320円~

格安SIM各社の価格を比較

通販での実売価格は約23,000円です。

格安SIMではIIJmioBIGLOBEモバイルが取扱っています。

2020/9/30までIIJmioが従量制プラン開始記念セール!MNPで従量制プランだと特別割引の9,980円になります!

IIJmioの【nova lite 3+】はこちら

BIGLOBEの【nova lite 3+】はこちら

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

 

各社のセール・キャンペーン情報はこちら。

→ OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら.

→ BIGLOBEモバイルのセール・キャンペーン情報はこちら.

→ IIJmioのセール・キャンペーン情報はこちら.

→ 楽天モバイルのセール・キャンペーン情報はこちら.

コメント

タイトルとURLをコピーしました