TCL 10 ProとTCL 10 Liteの違いは?性能・仕様を比較【有機EL/6400万画素カメラ/急速充電など性能はTCL 10 Pro!コスパが良いのはTCL 10 Lite!】

仕様性能比較
スポンサーリンク
1円機種多数あり!最新スマホが最大1.5万円OFF!
OCNモバイルONE

2020/7/31にTCL社からTCL 10 Liteが発売されました。TCL PLEXTCL 10 Proに続くTCLブランドの第2弾です。

フルHD+高解像度ディスプレイ/最大4,800万画素の4眼アウトカメラ搭載/RAM6GB+ROM128GBと非常に高性能です。

通販での実売価格は2万円台半ばと非常にリーズナブルです。

OCN モバイル ONEが最安値です。MNP/対象オプション加入で最大8,000円OFFになっています!

その他のセール情報はこちら → OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら

この高性能機種が割引などを利用すると5千円台で購入できるのが驚きですが、一つ前のTCL 10 Proとどう違うのかを比較してみます。

→ TCL PLEXの詳細な機種情報はこちら

→ TCL 10 Proの詳細な機種情報はこちら

→ TCL 10 Liteの詳細な機種情報はこちら

OCNモバイルONE

TCL PLEX/TCL 10 Proの比較

各機種の機能・性能の仕様は以下の表の通りです。

価格は税抜きです。

項目TCL 10 ProTCL 10 Lite
発売日2020/05/292020/7/31
実売価格(参考)約45,000円約24,000円
ディスプレイ曲面有機EL液晶
解像度2,340 x 1,080
フルHD+
画面サイズ約6.47inch
画面占有率93%
約6.53inch
画面占有率91%
アウトカメラ標準:6,400万画素
広角:1,600万画素
マクロ:500万画素
暗所:200万画素
標準:4,800万画素
広角:800万画素
マクロ:200万画素
暗所:200万画素
インカメラ2,400万画素1,600万画素
オーディオ
スピーカーモノラル
HDRHDR10
SDR-to-HDRアップコンバート
HDR
SDR-to-HDRアップコンバート
ROM/RAM128GB/6GB
外部メモリーmicroSD™ (最大256GB)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 675
オクタコアCPU(2 x Gold 2.0GHz, 6 x Silver 1.7GHz)
Qualcomm® Snapdragon™ 665
オクタコアCPU(4 x Gold 2.0GHz, 4 x Silver 1.8GHz)
OSAndroid™ 10.0
SIMnanoSIM x 1
防水・防塵
バッテリー容量4,500mAh
急速充電に対応
4,000mAh
重量177g180g
外形[mm]158.5 x 72.4 x 8.6162.2 x 75.6 x 8.4

発売日と実売価格を除いて、性能が良いほうはセルを黄色く塗っています。実売価格はAmazonなどの通販の一例です(税抜き)。

全体的な性能はTCL 10 Pro > TCL 10 Liteです。

同じシリーズのProとLiteなので、名前の通りですね。

OCNモバイルONE

内臓メモリは同じ/CPUは少しProが性能が高い

基本性能のCPUやメモリはそれほど変わりません。

内蔵メモリはRAM6GB/128GBで同じです。この仕様は一般的なスマホだと5万円以上するクラスの仕様なので、とても性能がいいです。

TCL 10 Liteと同じ2万円台のクラスだと、海外メーカーでRAM4GB/ROM64GB程度、日本メーカーでRAM3GB/ROM32GB程度なので、TCL 10 Liteはとても性能が高いと言えます。

CPUはQualcomm® Snapdragon™ 675(SDM675)とSDM665なので、少し性能に差がありますが、非常に近い番号なので、それほど大きな差がないと思います。他の海外メーカーも似た仕様です。

日本メーカーの2万円台クラスだとSDM450やSDM630なので、日本メーカーと比較するとかなり性能が高いです。

TCL 10 Proは曲面有機EL!

最も異なる部分は、TCL 10 Proでは有機ELを搭載しているところです。

TCL 10 Liteは一般的な機種と同じ液晶です。

液晶はバックライトの光を液晶に通して表示します。液晶の黒は光を遮ることで表現しますが、どうしても光が漏れてしまい真っ黒にすることが難しいです。一方、有機ELはバックライトを使用せず、素子自体が光ります。有機ELの黒は光らないことで表現するので、真っ黒にすることができます。

有機ELはコントラストが高く、引き締まった黒を表現でき、液晶と比べて非常に高い色再現性を誇っています。TCL 10 ProHDR10対応TCL 10 LiteはHDR対応止まりです。

 

さらにTCL 10 Proでは曲面有機ELを採用しています。

上の画像のように画面の左右の端の部分がカーブしており、カーブ部分も映像を表示しています。

画面に表示される映像が綺麗で、カーブデザインもオシャレです。ディスプレイに関しては圧倒的な差があります。

ディスプレイは TCL 10 Pro >>> TCL 10 Lite です。

TCL 10 Liteは液晶ですが、フルHD+/画面占有率91%なので、他社メーカーから劣っている訳ではありませんよ。

OCNモバイルONE

どちらもアウト4眼カメラ!Proは最大6,400万画素!

インカメラ

まずインカメラはTCL 10 Liteが約1,600万画素、TCL 10 Proが約2,400万画素です。

一般的な機種は約800万画素、性能が良い機種でも1,200万画素とか1,600万画素なので、TCL 10 Liteでも十分に性能が高いのですが、TCL 10 Proズバ抜けて性能が高いです。

インカメラは TCL 10 Pro > TCL 10 Lite です。

アウトカメラ

アウトカメラはどちらも4眼カメラを採用しており、かなり性能が高いです。

アウトカメラの仕様は以下の通りです。

カメラ(レンズ)TCL 10 ProTCL 10 Lite
高画質カメラ約6,400万画素約4,800万画素
広角レンズ約1,600万画素約800万画素
マクロレンズ約500万画素約200万画素
暗所レンズ約200万画素約200万画素

 

どちらもカメラ構成は同じですが、TCL 10 Proは最大6,400万画素と非常に高解像度です。

2cmの距離でも撮影可能!

マクロレンズとは被写体との距離がとても近い近接撮影(接写撮影)ができるレンズのことです。

どちらの機種もマクロレンズを採用しています。

紙のように平べったい被写体であれば一般的な機種でも撮影できますが、立体物を近接で撮影すると、フォーカスを合わせることが難しいです。小さい被写体を大きく撮影しようとしてカメラを近づけるとピンボケした画像になってしまう経験があると思います。

どちらの機種も、2cmの距離でも綺麗に撮影することができます。

上の動画は、TCL 10 Proでケーキを接写した場合のイメージ動画です。

一般的なカメラで接写すると一部分にはピントが合いますが、ほとんどの部分がピンボケします。ピントもなかなか狙ったところに合いません。TCL 10 Proだと全体を綺麗に撮影できていることが分かります。

高画質カメラの性能が6,400万画素に向上!

TCL 10 Proの高画質カメラは約6,400万画素に向上しています。

同じ価格帯の機種(もっと高額な機種でも)は1,200万~1,600万画素のことが多いので、TCL Liteの約4,800万画素でも凄い性能です。

アウトカメラは TCL 10 Pro > TCL 10 Lite です。

 

TCL 10 Liteでもオーバースペック気味なんですが、TCL 10 Proはさらに拍車をかけていますね。高額な機種だと「そんなにコストをかけなくても。。。」と思いますが、TCLの2機種は特別高額ではないので、性能が良ければ嬉しいですよね。

料理などの近くのものを撮影してインスタにアップするなどの使い方が多いと思うので、マクロカメラ採用でピンボケしないのは凄く便利だと思います。画素数自体はTCL 10 Liteが少し劣りますが、一般的な使い方だとTCL 10 Liteでも十分だと思います。

TCL 10 Proは960fpsの超スローモーション撮影など特殊な撮影ができます(TCL 10 Liteは240fps)。プロっぽい撮影をしたい方はTCL 10 Proがオススメです。

TCL 10 Proのスローモーション撮影はこちらで紹介しています。

OCNモバイルONE

どちらも大容量バッテリー!Proは急速充電に対応!

TCL 10 Liteのバッテリーは約4,000mAhで、TCL 10 Proは約4,500mAhです。

特に大容量バッテリーを謳っていない機種は2,000mAh程度なので、どちらの機種も2倍以上の大容量バッテリーです。バッテリー容量は駆動時間に直結するので、大容量であればあるほど嬉しいですよね。

容量的にはどちらの機種でもいいと思いますが、TCL 10 Proは急速充電に対応しています。

  • TCL 10 Pro:急速充電 9V/2A=18W
  • TCL 10 Lite:通常充電 5V/2A=10W

TCL 10 Proは18Wで充電できるので、TCL 10 Liteの1.8倍の速度で充電できます。

バッテリーは TCL 10 Pro > TCL 10 Lite です。

バッテリーが大きいのに軽い!

バッテリー容量は大きければ大きいほど嬉しいのですが、一つ困った問題が起こります。

バッテリー容量は大きいと、重くなります。

重量/駆動時間のどちらを優先するかで各メーカーも悩んでいると思います。落としどころとして、重量150g~190g程度の機種が多いです。軽いとバッテリー容量が小さく、駆動時間をアピールする機種は重くなります。

4,000mAh~5,000mAhの大容量バッテリーが売りの機種の中には、200gを超える機種もあります。

TCL 10 Proが177g、TCL 10 Liteが180gと一般的なスマホと同程度の重さです。駆動時間と軽さを両立していることになります。

TCL 10 Proのほうがさらに大容量なのに少し軽くなっていますが、これは有機ELなので軽量だと思われます。液晶だと必要なバックライトが有機ELだと不要なため、有機ELの機種は一般的に軽量です。

 

軽さは TCL 10 Pro ≒ TCL 10 Lite です。

OCNモバイルONE

SIMスロットには注意

1点だけ注意が必要です。

どちらの機種もSIMスロットにはnano SIM1枚しか挿さりません。

今回の比較には含めていませんが、旧モデルのTCL PLEXはデュアルSIMに対応していましたが、TCL 10 Pro/Liteは非対応です。1枚しかSIMが挿さりません。

外部microSDカードのスロットは用意されているので、そこは問題ありませんが、今まで2枚挿しで使用している人は注意が必要です。

TCL 10 Pro/Lite(L)は世界展開しているモデルで、デュアルSIMとシングルSIMのバージョンがあります。日本ではシングルSIM版を販売しているようです。日本でのデュアルSIMの需要が少ないことから判断したんでしょうかね。

まとめ

TCL 10 ProTCL 10 Liteの性能・仕様を比較しました。TCL 10 Proのほうが多くの項目で優れています。

  • 曲面有機EL、HDR10対応
  • カメラ構成は同じだが、画素数が高い
  • どちらも大容量バッテリーだが、TCL10 Proは急速充電に対応
総合的に TCL 10 Pro >> TCL 10 Lite

だと思います。

性能で選ぶなら、TCL 10 Pro


機種情報はこちら
発売日:2020/05/29
画面カメラ重量
有機EL
6.47インチ
6400万画素177g
端末価格(一括)21,400円~
2年間総額(通信料込)60,314円~
5年間総額(通信料込)113,594円~

格安SIM各社の価格を比較

性能で選ぶなら、TCL 10 Proです。現在、OCN モバイル ONEで取り扱っています。

OCN モバイル ONEが最安値です。MNP/対象オプション加入で最大8,000円OFFになっています!

OCNモバイルONE

コストパフォーマンス重視ならTCL 10 Lite


機種情報はこちら
発売日:2020/07/31
画面カメラ重量
液晶
6.53インチ
4800万画素180g
端末価格(一括)2,600円~
2年間総額(通信料込)41,514円~
5年間総額(通信料込)94,794円~

格安SIM各社の価格を比較

コストパフォーマンス重視で、できるだけ安く高性能モデルを入手したいならTCL 10 Liteがオススメです。

通販などの実売価格が約2.4万円で、これほどの高性能なのが驚きです。

OCN モバイル ONEが最安値です。MNP/対象オプション加入で最大8,000円OFFになっています!

その他のセール情報はこちら → OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら

OCNモバイルONE

コメント

タイトルとURLをコピーしました