Xiaomi Mi Note 10/Lite/Redmi Note 9sの違いは?性能・仕様を比較【有機EL/最大6,400万画素カメラのMi Note 10 Liteが最もコストパフォーマンスが高くオススメ】

仕様性能比較
スポンサーリンク
OCNモバイルONE
2020/8/17にRedmi Note 9sの6GB/128GBモデルが発売されました!

2020/6/9にXiaomi製スマホMi Note 10 LiteRedmi Note 9sが発売されました。どちらの機種も一般的には高性能なモデルですが、通販での実売価格が数万円台と非常にリーズナブルな機種です。

既にMi Note 10が発売されており、この3機種の仕様や機能の違いを比較したいと思います。

好みや利用の仕方で異なりますが、個人的には、Mi Note 10 Liteが最もコストパフォーマンスが高くオススメです。

2020/8/25にBIGLOBEモバイルの取り扱いが開始!11/3まで20,000ポイント還元で実質16,000円で最安値!半年間900円OFF初期費用無料でトータルコストも最安値!
→ BIGLOBEモバイルのセール・キャンペーン情報はこちら

BIGLOBEモバイルの【Mi Note 10 Lite】はこちら

 

OCN モバイル ONEも安い!MNP/対象オプション加入で最大8,000円OFFになっています!

→ OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら

OCNモバイルONE/OCN光

OCNモバイルONEの【Mi Note 10 Lite】はこちら

 

価格情報は基本的に税抜き価格です。
画像はソニー公式ページのものを使用しています。

Xiaomi製スマホの機能・性能の比較

現在、Xiaomi製スマホは以下の3機種が格安SIMで取扱われています。

これら3機種の機能・性能の違いを比較したいと思います。

各機種の機能・性能の仕様は以下の表の通りです。

価格は税抜きです。

項目Mi Note 10Mi Note 10 LiteRedmi Note 9s
発売日2019/12/162020/6/92020/6/9
実売価格(参考)5.3万円3.6万円2.3万円
ディスプレイ有機EL液晶
解像度2,340 x 1,0802,400 x 1,080
画面サイズ6.47inch6.67inch
色再現性HDR10
アウトカメラメイン:1億800万画素
ポートレート:1,200万画素
広角:2,000万画素
望遠:500万画素
マクロ:200万画素
メイン:6,400万画素
広角:800万画素
望遠:500万画素
マクロ:200万画素
メイン:4,800万画素
広角:800万画素
望遠:500万画素
マクロ:200万画素
インカメラ3,200万画素1,600万画素
オーディオHi-Res
スピーカーモノラル
ROM/RAM128GB/6GB64GB/6GB64GB/4GB
128GB/6GB
外部メモリー非対応microSD™ (最大512GB)
SIMnanoSIM + nano SIM
端子USB Type-C、3.5mm イヤホンジャック
CPUQualcomm® Snapdragon™ 730G
オクタコアCPU 最大 2.2 GHz
Adreno™ 618 最大 700 MHz
Qualcomm® Snapdragon™ 720G
オクタコアCPU 最大2.3GHz
OSAndroid™ 9.0/MIUI 11Android™ 10.0/MIUI 11
防水・防塵Corning® Gorilla® Glass 5
バッテリー容量5,260mAh5,020mAh
急速充電30W18W
重量208g204g209g
外形([mm])157.8 x 74.2 x 9.67165.75 x 76.68 x 8.8

記載スペースの関係で、数値の「約」を省略しています。

性能が良いほどセルを濃い黄色で塗っています。

全体的な性能は Mi Note 10 > Mi Note 10 Lite >> Redmi Note 9sです。

Mi Note 10Mi Note 10 Liteは同じ仕様の部分が多いです。同じシリーズなので、単純にLiteが仕様もライトなんでしょう。

もう少し詳細に見ていきたいと思います。

ディスプレイは有機EL搭載のMi Note 10シリーズが圧倒的!

Mi Note 10とLiteは有機EL搭載!

Mi Note 10とMi Note 10 Liteのディスプレイ仕様は同じです。

Redmi Note 9sは一般的な液晶ですが、Mi Note 10Mi Note 10 Liteは3D曲面有機ELを搭載しており、HDR10に対応しています。

 

液晶はバックライトの光を液晶に通して表示します。液晶の黒は光を遮ることで表現しますが、どうしても光が漏れてしまい真っ黒にすることが難しいです。一方、有機ELはバックライトを使用せず、素子自体が光ります。有機ELの黒は光らないことで表現するので、真っ黒にすることができます。

HDR10は色再現性の最新規格で、HDR10対応であればソースの映像を忠実に表示できていることになります。

有機ELは色再現性に非常に優れているので、映像の質感が非常にリアルです。

色の制御だけでなくコントラストが高くなければ、忠実な色を再現することができません。有機ELは液晶よりもコントラストが高く色再現性が高いので、Mi Note 10Mi Note 10 LiteのみHDR10対応になっていると思われます。

有機ELは色再現性に非常に優れているので、映像の質感が非常にリアルです。

全機種がHD+の高解像度

全機種とも高解像度のフルHD+です。

Redmi Note 9sのほうが画素数が多いのですが、画面サイズが少しだけ縦長なので、それに比例して画素数が多くなっているだけだと思います。解像度的にはフルHD+で同じです。

 

ディスプレイは色再現性の高い有機EL搭載のMi Note 10Mi Note 10 Liteが圧倒的に優れています。

ディスプレイは Mi Note 10 = Mi Note 10 Lite >> Redmi Note 9s です。

Mi Note 10の最大1億800万画素のカメラが凄い!

アウトカメラ

500万画素の望遠カメラ、1200万画素のポートレートカメラ、1億800万画素の超高解像度カメラ、2000万がその超広角カメラ、200万画素のマクロカメラ

上の画像はMi Note 10のアウトカメラ構成で、最大1億800万画素の超高解像度カメラに加え、望遠/ポートレート/超広角/マクロの5眼カメラ構成です。

1億800万画素や5眼カメラ構成など、今まで聞いたことがないくらい凄い性能です。

Mi Note 10 Liteは最大6,400万画素の4眼カメラ構成、Redmi Note 9sは最大4,800万画素の4眼カメラ構成と、従来の機種と比べると、もの凄くハイスペックなんですが、Mi Note 10のカメラ性能が凄すぎて感覚が麻痺してしまいます(笑)。

どのくらい凄いのかを分かりやすく説明するために4Kテレビと比較してみます。

4Kテレビの画素数は3,840×2,160画素なので、約830万画素です。

機種最大カメラ画素数4Kとの比較
Mi Note 101億800万画素約13倍
Mi Note 10 Lite6,400万画素約8倍
Redmi Note 9s4,800万画素約6倍

一番性能の低いRedmi Note 9sでも4Kテレビの約6倍の画素数です。

正直に言って、オーバースペックな気がします。

高額だとオーバースペックを批判できるんですが、Xiaomiの機種は安いんですよね。安く抑えることができるなら、オーバースペックでも何ら問題ありませんね。

アウトカメラは Mi Note 10 > Mi Note 10 Lite > Redmi Note 9s です。

オーバースペック気味なので、Redmi Note 9sでも全く問題ないどころか、他社の機種より性能が高いです。

動画撮影時の対応フレームレートはどの機種も最大960fpsです。

インカメラ

インカメラはMi Note 10Mi Note 10 Liteが3,200万画素で、Redmi Note 9sが1,600万画素です。

インカメラも凄い性能です。

他社の高額モデル以外は、最新機種でもインカメラ800万画素が多いです。

最も画素数の少ないRedmi Note 9sの1,600万画素でも、他社の一般的な機種のアウトカメラの画素数と同じくらいです。

Mi Note 10Mi Note 10 Liteの3,200万画素は、他社の一般的なアウトカメラの2倍の画素数です。

インカメラは Mi Note 10 = Mi Note 10 Lite > Redmi Note 9s です。

Redmi Note 9sでも実際に使う分には全く問題ない画素数です。

Mi Note 10シリーズはハイレゾ!

通勤や通学で音楽を聴く人が多いと思うので、オーディオ機能も重要です。

イヤフォン/ヘッドフォンはそのまま使用可能

(画像はイメージです)

オーディオで気になるところは、「イヤフォン/ヘッドフォンをそのまま使用できるのか?」だと思います。

3.5mmオーディオジャックがついているので、上の画像のようにイヤフォン/ヘッドフォンをスマホに挿して音楽を楽しめます。どの機種もついています。

最近はオーディオジャックがない機種もありますが、わざわざワイヤレスイヤフォンを購入するのも嫌ですよね。今までと同じように使えます。

もちろん、ブルートゥースに対応しているので、ワイヤレスイヤフォンも使用できますよ。

ハイレゾオーディオはMi Note 10シリーズのみ

Mi Note 10Mi Note 10 Liteハイレゾオーディオに対応しています。

残念ながらRedmi Note 9sはハイレゾオーディオ対応ではありません。いたって普通の仕様です。

ハイレゾ・オーディオとは、CDよりもサンプリング周波数とビット数が高いオーディオ規格です。

  • CD:48kHz/16bit
  • ハイレゾ:192kHz/24bit

周波数4倍、ビット数1.5倍なので、単純計算で6倍の音質になります。

 

オーディオは Mi Note 10 = Mi Note 10 Lite > Redmi Note 9s です。

DOLBY ATMOSには対応していないの?

DOLBY ATMOSには、どの機種も対応していません。

対応していないから劣っている訳ではなく、これはコンセプトの違いだと思います。

DOLBYやDOLBY ATMOSは、映画用のオーディオ規格です。

スマホで映画を観る人もいますが、スマホの小さな画面で音響だけサラウンドでも、どれだけ臨場感が増すかは少し疑問です。無いよりは有ったほうがいいのはいいんですが、コストを上げてまで搭載するのかという話です。

CPU・メモリのパフォーマンスはMi Note 10が高い!

CPU性能は、以下の順です。(左が性能が高い)

CPU性能は Mi Note 10 = Mi Note 10 Lite > Redmi Note 9s です。

 

2020/8/17に大容量メモリタイプのRedmi Note 9s(6GB/128GB)が発売されました。

ROM/RAMは、以下の順です。(左が容量が大きい)

ROM/RAMは Mi Note 10 = Redmi Note 9s(6GB/128GB) > Mi Note 10 Lite > Redmi Note 9s(4GB/64GB) です。

 

Mi Note 10が最も基本性能が高いと言えると思います。

外部メモリ対応はRedmi Note 9sのみ

1点だけ注意があります。

SDカードに対応しているのはRedmi Note 9sのみです。

Redmi Note 9s(4GB/64GB)はROM/RAMの内蔵容量が最も小さいので、外部メモリーで補うことができる仕様になっています。(6GB/128GBモデルもmicroSDカード対応)

実際に内蔵メモリが容量不足になるのかは分かりませんが、画像データなどをSDカード経由で外部とやり取りする必要がある場合には、SDカード対応のRedmi Note 9sを選ぶ必要があります。

バッテリー容量はどの機種も5,000mAh越えの大容量!

バッテリー容量はどの機種も5,000mAh越えの大容量のバッテリーです。

実際にはRedmi Note 9sが若干容量が少ないのですが、誤差範囲でしょう。

バッテリーは Mi Note 10 = Mi Note 10 Lite ≒ Redmi Note 9s です。

急速充電に対応!

どの機種も急速充電に対応しています。

Mi Note 10Mi Note 10 Liteは30W、Redmi Note 9sは18Wです。急速充電器も付属しています。

公式ページなどを見ても具体的な充電時間が明記されていないのですが、他社motorolaのmoto g8 plusの18Wの急速充電の場合、「15分の充電で8時間駆動可能」と記載されているので、Xiaomi製品も15分程度の充電で長時間駆動可能と思われます。

指紋認証に特徴あり

指紋認証が機種ごとに特徴があります。

Mi Note 10シリーズは画面上の指紋センサー

Mi Note 10Mi Note 10 Liteは画面上に指紋センサーがあります。

画面上に指紋センサーがあれば、本体前面のほとんどをディスプレイにすることができます。本体はコンパクトで大画面を両立しています。

Redmi Note 9sは電源ボタンに指紋センサー

Redmi Note 9sは少し変わった指紋センサーです。

一般的な機種と同様に本体サイド部分に電源ボタンがありますが、電源ボタン自体が指紋センサーを兼ねています。この方式でも画面を大きく取ることができます。

操作面でも「電源ボタンを押して電源ON → そのまま指紋認証」という流れで、とても使いやすいです。

Mi Note 10シリーズの画面上の指紋認証のほうが個人的にはカッコいい印象を受けますが、Redmi Note 9sのサイドマウント指紋センサーのほうが使い勝手が良さそうです。

これは優劣ではなく、好みかもしれませんね。

日本製スマホよりも若干重いかも

今回の3機種は200gチョイと、日本メーカーのスマホより若干重い印象です。

日本メーカーのスマホは170g前後が多いと思います。

液晶も6インチ越えの大画面で、5,000mAh越えの大容量バッテリーなので、この仕様の場合、妥当な重量だと思います。

無駄に重いという意味ではなく、今まで軽い機種を使っていた場合、違和感があるかもしれません。

まとめ

各機種とも項目ごとに優劣がありますが、ザクッと全体的に評価すると

Mi Note 10 > Mi Note 10 Lite >> Redmi Note 9s

だと思います。

各機種の特徴を一言で表すと以下のようになります。

機種特徴
Mi Note 10有機EL、1億800万画素5眼カメラと全ての面で優れている。
Mi Note 10 Lite有機EL、カメラ性能も高い。
Redmi Note 9sこの中では性能が低いが、他社の機種と比べると性能は高い。唯一、SDカードに対応。

性能重視ならMi Note 10

性能重視ならMi Note 10で決まりです。

2020/5/29からY!mobileで販売されます。

有機EL、1億800万画素5眼アウトカメラ、3,200万画素インカメラ、大容量バッテリーで、3機種の中で最も性能が高いです。

特にカメラ性能がもの凄いことになっているので、写真をよく撮影したりSNSにアップする人に、とてもオススメです。

 


機種情報はこちら
発売日:2019/12/16
画面カメラ重量
有機EL
6.47インチ
1億800万画素208g
端末価格(一括)44,800円~
2年間総額(通信料込)83,595円~
5年間総額(通信料込)141,195円~

格安SIM各社の価格を比較

現在、IIJmioが取り扱っています。

IIJmioの通常価格は44,800円ですが、MNPだとキャッシュバック3,000円なので実質41,800円になります!

 IIJmioの【Mi Note 10】はこちら

できるだけ安いほうがいいならRedmi Note 9s

今回の3機種の中では最も性能が低いのですが、Redmi Note 9sは他社の同価格帯の機種よりも性能が高いです。

通販での実売価格は2万円台前半ですが、フルHD+ディスプレイ、最大4,800万画素の4眼カメラ、5030mAh の大容量バッテリーと他社の同価格帯の機種よりも性能が高いです。

電源ボタンと一体になったサイドマウント指紋センサーで、電源ONからスムーズに指紋認証できます。

また、外部SD必須の人もRedmi Note 9sがオススメです。


機種情報はこちら
発売日:2020/06/09
画面カメラ重量
液晶
6.67インチ
4800万画素209g
端末価格(一括)2,560円~
2年間総額(通信料込)35,560円~
5年間総額(通信料込)93,160円~

格安SIM各社の価格を比較

 

格安SIMではOCN モバイル ONEが6/9から取り扱っています。その他の各社も取扱いが始まりました。

OCN モバイル ONEがMNP/対象オプション加入で最大8,000円OFF!
モデル通常価格MNP/
対象オプション加入割引
割引後価格
4G/ 64GB15,200円最大8,000円OFF7,200円~52%OFF
6G/128GB19,200円最大8,000円OFF11,200円~41%OFF
→ OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの【Redmi Note 9S】はこちら

 

BIGLOBEモバイルが11/3まで20,000円ポイント還元!半年間900円OFF/初期費用無料でトータルコストも最安値!
モデル通常価格ポイント還元実質価格
4G/ 64GB22,560円20,000ポイント2,560円~88%OFF
6G/128GB取り扱いなし
→ BIGLOBEモバイルのセール・キャンペーン情報はこちら

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

BIGLOBEモバイルの【Redmi Note 9S】はこちら

有機ELディスプレイでコスパが良い Mi Note 10 Lite が最もオススメ!

Mi Note 10 Liteは、Mi Note 10より少し性能が落ちますが、有機ELディスプレイで、6,400万画素4眼アウトカメラ、5,250mAh大容量バッテリー、急速充電と、メチャクチャ凄い性能です。

通販での実売価格は3万円台半ばなので、非常にコストパフォーマンスが高いと思います。


機種情報はこちら
発売日:2020/06/09
画面カメラ重量
有機EL
6.47インチ
6400万画素204g
端末価格(一括)16,000円~
2年間総額(通信料込)49,000円~
5年間総額(通信料込)106,600円~

格安SIM各社の価格を比較

 

格安SIMのスマホセットだと、もっと安くなります。格安SIMではOCN モバイル ONEが6/9から取り扱っています。IIJmioも取り扱いを開始しました。

2020/8/25にBIGLOBEモバイルの取り扱いが開始!11/3まで20,000ポイント還元で実質16,000円で最安値!半年間900円OFF初期費用無料でトータルコストも最安値!
→ BIGLOBEモバイルのセール・キャンペーン情報はこちら

BIGLOBEモバイルの【Mi Note 10 Lite】はこちら

 

OCN モバイル ONEも安い!MNP/対象オプション加入で最大8,000円OFFになっています!

→ OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら

OCNモバイルONE/OCN光

OCNモバイルONEの【Mi Note 10 Lite】はこちら

 

最近、各社から低価格の有機ELモデルが発売されています。

OCNモバイルONE

 

各社のセール・キャンペーン情報はこちら。

→ OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報はこちら.

→ BIGLOBEモバイルのセール・キャンペーン情報はこちら.

→ IIJmioのセール・キャンペーン情報はこちら.

→ 楽天モバイルのセール・キャンペーン情報はこちら.

コメント

タイトルとURLをコピーしました