労働組合の退職代行サービス?「退職代行SARABA」がユニオンになって交渉可能に!費用は据え置き!

退職・転職
スポンサーリンク
OCNモバイルONE/OCN光

ブラック企業などで、なかなか退職させてくれない人に便利な「退職代行サービス」があります。

退職代行サービスにはいくつか種類があり、格安を謳っているものは「弁護士対応が必要な交渉ができない」ことがネックでした。

「退職代行さらば」も価格が安い退職代行サービスとして有名だったんですが、「労働組合」になることで、価格を据え置いたまま交渉できる範囲が大幅に増加しました。

どのように変わったのかを紹介します。

退職代行サービスとは

「退職代行サービスとは何なのか?どのようなことができるのか?」については、以下の記事で詳細に紹介しています。

要約すると、以下のようなサービスです。

  • 退職代行サービスの担当者が会社に退職の意思を伝えてくれる
  • 本人は会社とやりとりをする必要がない
  • 即日対応も可能で、申し込み後に会社に行かなくても良い

 

本来は自分で退職の意思を伝えたほうがいいのは決まっているのですが、パワハラや長時間労働・賃金未払いなどの違法な労働を強いるブラック企業だと、労働を搾取するために退職させてくれません。

このような状況に追い込まれた人に「退職代行サービス」はとても有効なサービスです。

退職代行サービスの問題点

冒頭で「退職代行にはいくつか種類がある」と紹介しましたが、各タイプで「できること」と「できないこと」があります。

退職サービスの種類(タイプ)ごとの「できること」については以下の記事で紹介しています。

ブラック企業が退職代行を対策しだした

退職代行サービスは、なかなか辞めさせてくれなかったブラック企業でも、第三者が介入して退職の意思を伝えることで、スムーズに退職できるようにすることを目的としています。

最近はメディアでも退職代行サービスが取り上げられており、退職代行の対策を講じているブラック企業も出てきました。

特に難しい対策ではなく、単純に「退職代行を相手にしない」だけです。

一般的な退職代行サービスは特に資格を必要としませんが、できることに制限がかかります。退職の意思を本人に代わって伝えることはできますが、具体的な退職日や未払いの給与の請求などの交渉をすることはできません。

第三者が交渉を行うことは法律で制限されており、交渉できるのは弁護士または労働組合(ユニオン)のみです。それ以外の無資格の第三者が交渉すると非弁行為となり法律違反となります。

無資格の退職代行サービスが退職の意思を会社側に伝えても、会社側は無視することができます。会社側が無視しても法律違反にはなりません。

無視されないためには?

無資格の退職代行サービスを無視しても会社側は法律違反になりません。

では、どのようにすればいいのでしょうか?

2つの方法があります。

  • 弁護士に依頼する
  • 労働組合(ユニオン)に依頼する

弁護士の話を聞かなくてもすぐに法律違反とはなりませんが、放置すると訴訟されます。

労働組合(ユニオン)は法律で定められた団体交渉権を持っているので、無視すること自体が法律違反になります。

弁護士か労働組合(ユニオン)のどちらがいいの?

弁護士または労働組合(ユニオン)に退職代行を依頼するほうが、より確実に退職できることは分かっていただけたと思います。

「じゃあ、どちらがいいの?」と悩みますよね。

退職代行サービスの種類と注意点【弁護士対応/労働組合・ユニオンでの団体交渉】」の記事でも比較していますが、大枠は以下の通りです。

  • 弁護士
    • 費用が高い(5万円~)
    • サービス残業など過去の賃金に遡って未払い請求する、会社側から損害賠償請求されそうなど特別なケース
  • 労働組合(ユニオン)
    • 費用が安い(3万円前後)
    • それ以外の通常ケース(最終月の給与を請求するなどは通常ケース)

訴訟に発展しそうな特別なケースでは弁護士に頼むことをおすすめします。基本料金も高めで、ケースによって追加料金が発生しますが、訴訟に発展したときには結局弁護士に頼むことになります。

特別なケース以外では費用が安い労働組合(ユニオン)がいいと思います。

「退職代行さらば」が労働組合(ユニオン)になった!

ほとんどの人は労働組合(ユニオン)に依頼するのがいいと思います。

「本当に労働組合がやってくれるの?」と思うかもしれません。

たしかに一般的な労働組合(ユニオン)は、現在働いている人達の労働環境を向上させることに全力を注いでいるので、退職代行はしてくれません。

元々、一般的な退職代行サービスを行っていた「退職代行SARABA」が2019年8月から労働組合(ユニオン)になりました。

退職代行SARABA」は元々、退職代行サービスを行っていたので、退職代行の実績やノウハウがあります。

今までも数多くある退職代行サービスと競ってきたので、退職代行に関するサービス内容も充実しており、そこに「団体交渉権」が加わったことで、最強の状態です。

↓↓↓退職代行SARABAの詳細はこちら↓↓↓

「退職代行SARABA」公式ページはこちら

低価格で返金保証つき!

退職代行SARABA」は非常に低価格です。

上の画像の通り、29,800円と、全ての退職代行サービスの中で最低価格帯です。

弁護士の退職代行ではケースごとに追加料金が発生することがありますが、「退職代行SARABA」では追加料金はありません

労働組合(ユニオン)なので、団体交渉権を持っており、交渉も含めた価格です。

退職できなければ全額返金される返金保証もついています。

団体交渉権がある!

先ほどから十分に説明していますが、一般的な退職代行サービスでは法律違反(非弁行為)となってしまう以下の「交渉」ができます。

  • 退職の意思表示(退職日の調整を含む)
  • 未払い賃金の交渉(通常受け取るはずの賃金のみ)
  • 有給休暇の取得日の調整
  • 会社から損害賠償請求されたときの対応

↓↓↓交渉できる範囲の詳細はこちら↓↓↓

「退職代行SARABA」公式ページはこちら

相談当日から代行可能!

相談当日から退職代行をしてくれます。

会社への連絡は全て退職代行SARABAがしてくれるので、上司と顔を合わせるどころか話す必要すらありません

24時間対応!

24時間対応なので、「申し込んだけど、結局翌朝にしか連絡が来なかった。。仕事の始業時間が過ぎてるから意味ないんだけど。。」ということはありません。

無料転職サポート付き!

「勢いで辞めたけど、転職先が決まっていない。。。今後の生活をどうしよう。。」と愕然となる心配もありません。

転職支援サービス会社と提携しているので、無料で転職サポートをしてくれます。

↓↓↓返金保証、転職サポートなど特徴の詳細はこちら↓↓↓

「退職代行SARABA」公式ページはこちら

「退職代行さらば」の利用方法

簡単に退職代行SARABAでの退職代行の利用方法・手順を紹介します。

利用方法
  • STEP1
    メールで相談
    退職代行SARABA公式ページの一番下に「お問い合わせフォーム」(メール)があるので、相談内容を依頼する。
    「即日退職したい」や「自分自身は会社と連絡を取りたくない」などの要望を伝えることもできます。最初の依頼メール以降は電話での相談も可能です。
  • STEP2
    相談後に正式申し込み
    お問い合わせフォームでの依頼は正式申し込みではありません。相談までは無料なので安心です。
    相談した後に正式申し込みとなります。
  • STEP3
    担当者との打ち合わせ
    申し込みの確認が取れると、実際の担当者と打ち合わせを行います。最終的な依頼内容を確認します。
  • STEP4
    SARABAが会社に連絡
    担当者と依頼内容を確認した後、退職代行SARABAが申込者に代わって会社へ退職の意思を伝えます。
    退職が完了するまで、電話・メール・LINEにて、無料で回数無制限で対応してくれます。
  • STEP5
    退職が完了
    無事、退職となります。
    離職票など退職後に必要な書類は会社から郵送されます。

 

相談までは無料なのが嬉しいですね。「家族にばれたくない」など個別に要望事項がある場合には、納得するまで相談した後に正式申し込みなので、とても安心です。

↓↓↓利用方法と問合せフォームはこちら↓↓↓

「退職代行SARABA」公式ページはこちら

「退職代行さらば」の注意点

費用が安くて交渉も行ってくれる退職代行SARABAですが、最後に1点ほど気になったことがあります。

多くの退職代行サービスは退職成功率100%を謳っていますが、退職代行SARABAの公式ページでは「ほぼ100%」となっています。

「あれ?失敗することもあるの?」と思いました。

退職代行SARABAの公式ページにQ&Aがあるのですが、同じような問い合わせが多いのかQ&Aに答えが書いてありました。

SARABAの退職成功率がほぼ100%ということは失敗したことがあるんですか?

失敗したというよりも、会社側から、休業と退職のどちらがいいのかと問われたとお伝えした際に、休業の方をご依頼主様が選んだことが過去にあります。

仕事が原因で精神的に参ってしまい、自宅療養をしているのだから辞められた方がいいですよ。とお伝えしましたが、本人は休業を選びました。

退職には至らなかったわけなのでほぼ100%としております。

退職ではなく休職で着地したんですね。たしかにほぼ100%ですが、失敗はゼロと言うことで安心です。このケースなら成功率100%と言ってもいいと思うんですが、正直なんですね(笑)。

↓↓↓その他のQ&Aはこちら↓↓↓

「退職代行SARABA」公式ページはこちら

 

「退職代行サービスとは何なのか?どのようなことができるのか?」については、以下の記事で詳細に紹介しています。

コメント