【2022/10/31まで】マネーフォワードのクラウド会計はじめようキャンペーン【最大5万円分のAmazonギフト券プレゼント! 個人事業主応援でクラウド請求書1年間無料も!】

確定申告
スポンサーリンク

PR【10/3まで】人気スマホが1,980円~!
1万円分ギフト券プレゼントも!

【10/3まで】IIJmioスマホセールはこちら

スマホ セール・キャンペーン情報はこちら


クラウド会計ソフトのマネーフォワードが、法人向けに5万円分または2万円分のAmazonギフト券をプレゼントする「クラウド会計はじめようキャンペーン」を開催中です。

抽選ではなく、新規ご契約者全員にプレゼントです!

また、個人事業主には「クラウド請求書1年間無料キャンペーン」を開催中です。

 

【2022/10/31まで】Amazonギフト券5万円分プレゼント!
マネーフォワード クラウド会計はじめようキャンペーン
クラウド会計はじめようキャンペーンはこちら

 

【2022/10/31まで】クラウド請求書1年間無料キャンペーン!
【2022/10/31まで】請求書最大1年間無料キャンペーン
請求書最大1年間無料キャンペーンはこちら【公式ページ】

個人向け

個人事業主や、会社員だけど医療費控除など確定申告を行いたい人は、個人向けのプランがあります。

完全無料のフリープラン

マネーフォワードには完全無料のフリープランがあります。1年度につき50件まで仕訳登録などの機能制限がかかりますが、仕訳帳・総勘定元帳・補助元帳・決算書の閲覧、およびPDF出力が可能です。

小規模の事業であれば、フリープランでも確定申告が可能です。

個人事業主向けのプランの詳細はこちらで解説しています。

スマホのアプリで!

無料で使える確定申告アプリ

しかも今年からスマホのアプリで確定申告の電子申告ができるようになりました。

新規にマネーフォワードクラウド会計を登録する人はもちろん、従来からWEB版のクラウド会計を利用している人も、無料のスマホアプリをインストールするだけで今までのアカウントで利用できます。

クラウド会計ではなく「マネーフォワードME」を利用している人も同じアカウントで利用可能です。データ移行もできますよ。

無料アプリでカンタン家計簿

マネーフォワードMEはこちら

法人向け クラウド会計はじめようキャンペーン

クラウド会計はじめようキャンペーン

マネーフォワードのクラウド会計を新規に契約すると、Amazonギフト券が全員にプレゼントされるキャンペーンを開催中です!

Amazonギフト券5万円分/2万円分を全員にプレゼント!

ビジネス年額プランAmazonギフト券 50,000円分/スモールビジネス年額プランAmazonギフト券 20,000円分

マネーフォワードのクラウド会計を新規に契約すると、Amazonギフト券が全員にもらえます!

  • キャンペーン期間:2022/8/1(月)~2022/10/31(月)
  • 特典
    • ビジネス年額プラン:Amazonギフト券 5万円分
    • スモールビジネス年額プラン:Amazonギフト券 2万円分

 

抽選ではなく、新規契約者の全員にプレゼントされるのが嬉しいですね。

本キャンペーンは応募が必要です。

専用ページから応募する必要があります。その他応募条件など詳細は以下のキャンペーンページを確認してください。

【2022/10/31まで】Amazonギフト券5万円分プレゼント!
マネーフォワード クラウド会計はじめようキャンペーン
クラウド会計はじめようキャンペーンはこちら

注意点

新規契約するということは、費用が発生します。

スモールビジネス/ビジネスの各プランの利用料金と主な機能は上の画像の通りです。

例えばビジネスプランの場合、年額59,760円かかります。

まるまるAmazonギフト券で儲かるわけではなく、59,760円-5万円分=差額9,760円でビジネスプランが利用できることになります。

スモールビジネスの場合、差額は15,760円となります。

「な~んだ、結局、お金がかかるのか。。」と、落胆されたかもしれませんが、通常35,760円/59,760円もかかるサービスが1万円未満で利用できるので、とてもお得です。

しかも、最初の1ヶ月はトライアル期間で無料で利用できるので、使いにくいと思った場合は、無料期間中にやめてしまえば費用はかかりません。

ただし1ヶ月くらいじゃ良く分からないかもしれないので、1万円未満で1年間利用できるキャンペーンになっているのだと思います。

「クラウド会計が気になっていたけど、使いこなせなかったらどうしよう。。。」と悩んでいる人に打ってつけのキャンペーンですね。この機会にクラウド会計を導入してみてはいかがでしょうか。

本キャンペーンは応募が必要です。

専用ページから応募する必要があります。詳細は以下のキャンペーンページを確認してください。

【4/28まで】Amazonギフト券5万円分プレゼント!
マネーフォワード クラウド会計はじめようキャンペーン
クラウド会計はじめようキャンペーンはこちら

個人事業主応援

【2022/10/31まで】請求書最大1年間無料キャンペーン

【2022/10/31まで】請求書最大1年間無料キャンペーン

「マネーフォワード クラウド請求書」がなんと1年間無料で利用できます!

「マネーフォワード クラウド請求書」は、
テンプレートを設定し、あらかじめ登録した取引先や品目を選ぶだけで、無料でカンタンに見積書・納品書・請求書を作成できます。

メールで請求書を送付することで、印刷代・切手代・封筒代などの費用やポストに投函する手間が不要となり、コスト削減にも繋がります。

  • キャンペーン期間:2022/7/1(金)~2022/10/31(金)
  • 条件
    • キャンペーン申し込み時にマネーフォワード クラウドの有料プランを契約していないこと
    • 申込みフォームからお申込み
  •  特典
    • マネーフォワード クラウド請求書」の1年間無料クーポンをプレゼント
      • クーポンコードを登録した日から365日間有効
      • 無料期間中に有料プランを登録された場合は、契約した有料プランに応じて請求書機能を利用可能

キャンペーンへの応募

1年間無料クーポンをゲットするためには、以下の手順で本キャンペーンへエントリーしてください。

応募方法
  • STEP 1
    キャンペーンへエントリー
    キャンペーンページの規約を確認のうえ、専用フォームから申込んでください。
  • STEP 2
    マネーフォワード ID・新規事業者登録
    フォーム送信完了画面でマネーフォワード IDの登録画面へのリンクボタンをクリックし、アカウントの登録へお進みください。マネーフォワード IDの登録が完了したら、「新規事業者作成(無料)」へとお進みください。
  • STEP 3
    利用プランの選択
    ご利用プラン選択ページの最下部に表示されている「無料トライアルで利用する」ボタンをご選択ください。
  • STEP 4
    クラウド請求書の利用開始とクーポン適用
    HOME画面のサービス一覧に表示されているマネーフォワード クラウド請求書の「サービスを使う」ボタンをクリックすると、クラウド請求書の画面に切り替わります。画面右上の歯車マークをクリックし、「プラン設定」を選択します。「プロダクトキーをお持ちの方はこちら」をクリックし、クーポンコードを入力して「登録する」ボタンをクリックすると、適用が完了します。

キャンペーンに参加するためには、キャンペーンページからのエントリーが必要です。その他応募条件などは下のリンクから確認してください。

【2022/10/31まで】クラウド請求書1年間無料キャンペーン!
【2022/10/31まで】請求書最大1年間無料キャンペーン
請求書最大1年間無料キャンペーンはこちら【公式ページ】

2020年分から電子申告が有利!

e-taxによる電子申請だと最大113万円の控除!

 

2020年分の確定申告から、基礎控除額と特別控除額が変更されました。

e-Taxでの電子申告などだと、控除額が従来よりも増加します。

控除額が増えるなら、是非、電子申告を利用したいですよね。

詳細はこちらで解説しています。

 

まずはマネーフォワードクラウド会計のフリープランを申し込んでください。

→ 白色/青色申告の確定申告ソフト「マネーフォワード」を無料で始める

 

【2022/10/31まで】Amazonギフト券5万円分プレゼント!
マネーフォワード クラウド会計はじめようキャンペーン
クラウド会計はじめようキャンペーンはこちら

 

【2022/10/31まで】クラウド請求書1年間無料キャンペーン!
【2022/10/31まで】請求書最大1年間無料キャンペーン
請求書最大1年間無料キャンペーンはこちら【公式ページ】

 

令和3年(2021年)分の確定申告は2022/3/15で終了しました。(延長も4/15で終了)
申告できていない方は速やかに期限後申告を行ってください。→ 国税庁の「確定申告を忘れたとき」はこちら

→ 国税庁の確定申告特集ページはこちら

 

ピックアップ記事

【2022年9月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付はこちら。償還免除もあります。

【2022年9月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付【緊急小口資金/総合支援資金、非課税世帯は償還免除。新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金は12月末まで延長】
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金は2022年12月末まで延長されました。 生活福祉資金の特例貸付は2022年9月末まで延長されていますが、12月末延長のアナウンスがないので、2022年9月末で終了する見込みです。 生活福祉資...

 

まん延防止措置の「CO2センサー」導入を検討の人は必見!

CO2センサーの導入方法【緊急事態宣言/まん延防止等重点措置の要請事項】濃度1,000ppm以下の換気を維持/NDIR方式のオススメ日本製商品も紹介
2021年3月から順次、緊急事態宣言が解除されましたが、解除後にコロナウイルスの感染が拡大しています。 2021年4月頃からまんえん防止重点措置や緊急事態宣言の発令/解除を繰り返しており、現在一部地域で緊急事態宣言中ですが、感染者が減...

 

キャンペーン・イベント情報

【2022/9/30まで】紹介する人/される人にそれぞれ最大10万円分ギフト券をプレゼント!

freee 紹介キャンペーン公式ページはこちら

freeeキャンペーン情報【2022/9/30まで友達紹介で最大10万円分Amazonギフト券プレゼント!】【<法人限定>先着順で最大2万円分Amazonギフト券プレゼント!
クラウド会計ソフトのfreeeのキャンペーン情報をお知らせします。 2022/9/30まで友達紹介で最大10万円分のAmazonギフト券プレゼント! また、freee会計法人向けプランを契約すると先着500名に最大2万円分のAm...

 

【2022/10/31まで】Amazonギフト券5万円分プレゼント!
マネーフォワード クラウド会計はじめようキャンペーン
クラウド会計はじめようキャンペーンはこちら

【2022/10/31まで】クラウド請求書1年間無料キャンペーン!
【2022/10/31まで】請求書最大1年間無料キャンペーン
請求書最大1年間無料キャンペーンはこちら【公式ページ】

【2022/10/31まで】マネーフォワードのクラウド会計はじめようキャンペーン【最大5万円分のAmazonギフト券プレゼント! 個人事業主応援でクラウド請求書1年間無料も!】
クラウド会計ソフトのマネーフォワードが、法人向けに5万円分または2万円分のAmazonギフト券をプレゼントする「クラウド会計はじめようキャンペーン」を開催中です。 抽選ではなく、新規ご契約者全員にプレゼントです! また、個人事業...

PR弥生会計 オンラインとMisocaが2年間無料!

起業家応援キャンペーン公式ページはこちら

【2022/10/27まで】Amazonフレッシュとは?セール・キャンペーン情報も【スーパー代わりに便利!食品・飲料20%OFF!1,000円OFFクーポン配布中/実質無料もあり!ライフ/成城石井/バローお得情報も!】
通販大手のAmazonですが、家電やAV製品、小物や日用品などを購入することが多いと思います。プライムビデオやサブスクの音楽配信も有名ですね。 デジタル的なイメージが強いAmazonですが、野菜やお肉などの生鮮食品にも力を入れています...

 

確定申告関連情報

令和3年分は持続化給付金などコロナウイルス支援のため、通常とは違う収入があります。事業支援のための給付金などは課税対象なので注意してください。

新型コロナの特別給付金や持続化給付金、協力金は課税されるのか?【事業者向けは基本的に課税対象、GoToトラベルの補助金額も課税対象なので注意!】
新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経済の落ち込みが深刻ですが、国や地方自治体が給付金や支援金、協力金などを支給しています。 給与所得者はあまり関係がありませんが、個人事業主や法人は確定申告で課税対象となるのか非課税になるのかが気...
【1/31まで延長】新型コロナウイルス支援策「持続化給付金」の申請要領の概要【個人事業主編】給付対象と給付額【5/8から支給切捨てなし】
持続化給付金の申請期限が延長されました。 延長の申込期限2021/1/31まで、書類の提出期限2021/2/15まで 持続化給付金は、中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給する給付金のことです。 無条件で支給さ...
【2022年版】確定申告ソフトのおすすめは?【株式投資(譲渡益)ならfreee!アフィリエーターや小規模事業なら「マネーフォワード」か無料の「やよい」】
毎年2月中旬~3月中旬に確定申告があります。 個人や法人で事業を行っていたり、リタイア後に株式投資の収入だけで生活している方は確定申告が必要です。 株式投資のみだと国税庁の確定申告作成コーナーのページで作成すればいいんで...
【2022年版】白色申告の帳簿の作り方とつけ方【エクセルテンプレートあり】持続化給付金の月別事業収入/青色10万円特別控除の簡易簿記にも使用可能
事業を始めてから最初の確定申告って分からないことが多いですよね。 実店舗の販売業や飲食業のように最初から規模の大きな事業だと税理士さんを雇えばいいんですが、ブログのようにインターネット関連だと最初は収入が無いので税理士さんなん...

 

今回の確定申告からe-TAXと従来の紙の申請で特別控除額に違いがあります。e-TAXじゃないと損ですよ!

令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更【e-TAXだと10万円アップ!】
令和2年(2020年)分から確定申告時の青色申告特別控除額が変更されました。 基礎控除額も変更されており、e-TAXの青色申告だと控除額が10万円アップします! 令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更 令和2...
freeeが電子申告開始ナビを開設【無料で簡単にe-Taxの準備ができるナビゲーション!】
オンラインでの会計・確定申告ソフトのfreeeが電子申告開始ナビを開設しました。 電子申告だと申告書の印刷や税務署に並ばなくても良くなり、とても便利ですよね。 電子申告してみたいんだけど、どうやってす...

PR弥生会計 オンラインとMisocaが2年間無料!

起業家応援キャンペーン公式ページはこちら

コメント