確定申告や相続で税理士を探すなら無料紹介が便利 -税理士報酬の引き下げ実績も多数-

確定申告
スポンサーリンク

新規登録でAmazon500ポイントプレゼント!
(初めて/1年間未登録の方限定)
30日間無料体験あり

【期間限定】エントリーはこちら

30日間無料体験はこちら

令和2年(2020年)分の確定申告は2021/4/15で終了しました。申告できていない方は速やかに期限後申告を行ってください。→ 国税庁の「確定申告を忘れたとき」はこちら

令和2年分の確定申告(2021年に申告する)はコロナウイルス感染拡大の影響で2021/4/15まで延長されました。

 

税理士を探している方や、税理士報酬に悩んでいる方がいるんじゃないでしょうか。

税理士の資格や業務、依頼した場合のメリットについては以下の記事で紹介しています。

事業を始めたばかりだと「税理士なんて知り合いにいない。どこで探すの?」と悩んでしまいますよね。

今回は無料で税理士を紹介してくれるサービスを紹介します。税理士の紹介だけでなく税理士への報酬の交渉もしてくれるので、経費を削減できるかもしれませんよ。

税理士紹介サービス

税理士を説明した記事でも日本税理士会連合会のサイトでの検索を紹介しています。

日本税理士会連合会は税理士試験を実施、税理士の登録を行っている団体です。税理士の指導・監督も行っています。

日本税理士会連合会の「税理士情報検索サイト」はこちら

上の日本税理士会連合会のサイトだと、たしかに全国の税理士を指定した条件で検索できます。できるんですが、膨大な税理士が検索結果に表示されます。多分、全ての税理士が登録されているので、当たり前なんですが。。。

検索結果から選ぶことは難しいと思います。

住所でも検索できるので、例えばピンポイントで自宅と同じ町内の税理士を探すことはできます。

同じ町内だけで依頼したいですか?どんな人か分かりませんよね。税理士事務所の規模も質や評判も分かりませんよね。

そこで、無料で税理士を紹介してくれるサービスがあります。

税理士紹介サービスとは

税理士紹介サービスとは、無料で税理士を紹介してくれるサービスです。

もちろん、税理士と契約し、業務を依頼するときには税理士への報酬を支払う必要があります。

どの税理士に頼んでよいか分からないとき、税理士紹介サービスを利用すると無料で税理士を紹介してくれます。

税理士紹介サービスの企業には、税理士側から広告費として報酬が支払われるので、利用者側から紹介料を支払う必要はありません。転職支援サービスと同じ仕組みです。

いくつかの税理士紹介サービスの企業を紹介します。

ベンチャーライフ

ベンチャーライフは紹介件数が年間2000件を超える実績のある税理士紹介サービスです。

明確な料金体系

明確な料金設定で安心

ベンチャーライフと提携している税理士の報酬は明確な料金設定がされています。下の表のように売上げ規模に応じた料金設定なので、とても安心して税理士と契約できます。

出典:ベンチャーライフのWEBサイトより一部抜粋

明確な料金設定の税理士を紹介してもらえるので、とても安心ですね。

もちろん無料で紹介してもらえます。以下のボタンから詳細を確認できます。電話でなくメールで打診できるので、煩わしくないですよ。

【確定申告】ベンチャーライフの詳細はこちら

開業・起業をサポート

これから開業や起業を検討している方には、開業・起業に強い税理士を厳選して紹介してくれます。以下のボタンから詳細を確認できます。

【開業・起業】ベンチャーライフの詳細はこちら

税理士ドットコム

税理士ドットコムは、サービス開始から12年で6500件以上の実績のある税理士紹介サービスです。登録税理士数も全国3100名以上です。紹介料はもちろん無料です。

豊富な税理士ネットワーク

豊富な税理士ネットワークを活かして、利用者に最適な税理士を紹介してくれます。

出典:税理士ドットコムのサイトより一部抜粋

どこまで税理士に業務を依頼するのかによって、税理士への報酬が変わります。例えば、確定申告のみお願いするのか、記帳まで丸投げするのか。

12年の実績から依頼業務範囲、報酬額、場所、人柄なども含めて最適な税理士を紹介してくれます。以下のボタンから詳細を確認できます。こちらもメールで打診することができます。

【事業】税理士ドットコムの詳細はこちら

報酬引き下げの実績も多数

既に税理士と契約して業務を依頼している人もいると思います。

もしかしたら相場よりも高額な報酬を支払っているかもしれません。

豊富な税理士ネットワークの税理士ドットコムに相談すれば、適切な報酬額なのかどうかが分かります。適切な報酬額の税理士に乗り換えることもできます。

税理士ドットコムではコーディネーターが複数の税理士に相見積りをとり、費用についての交渉までサポートします。見積りの断りもコーディネーターがしてくれるので、気が咎めることはありません。

税理士を頼んで会計処理が楽になっても、その報酬額が利益を圧迫していたら意味がありませんよね。報酬額の交渉もコーディネーターがやってくれるなら安心です。

【事業】税理士ドットコムの詳細はこちら

相続の相談

事業ではなく相続の税金について税理士にお願いしたい方もいると思います。

税理士ドットコムでは相続税が得意な税理士を厳選して紹介してくれます。

相続の場合、身近な人に相談するのは注意が必要です。お金が絡むと人格が変わる人がいるので、税理士に相談することをおすすめします。

税理士ドットコムでは、当然ながら秘密厳守で対応します。相続税が得意な税理士なので、故人を軽んじた対応をされることもありません。

また、事前に概算見積もりを出してくれます。

相続税申請後に高額な請求をされることはありません。

相続税について相談したい方は以下のボタンから詳細を確認してください。生前贈与など事前に相続について相談したい方にもいいと思います。

【相続】税理士ドットコムの詳細はこちら

まとめ

以上、税理士紹介サービスについて紹介しました。

無料で利用できるので、悩まれている方は一度相談されるといいと思います。

明確な料金設定を求めている方、開業・起業を検討中の方はベンチャーライフがおすすめです。

【確定申告】ベンチャーライフの詳細はこちら

【開業・起業】ベンチャーライフの詳細はこちら

 

豊富な税理士ネットワークを利用して最適な税理士を求めている方、税理士への報酬額を下げたい方は税理士ドットコムがおすすめです。

【事業】税理士ドットコムの詳細はこちら

相続税について相談したい方も税理士ドットコムがおすすめです。

【相続】税理士ドットコムの詳細はこちら

 

税理士に頼まずに自力でやりたい方は、確定申告ソフトが必須です。税理士に頼んだとしても確定申告ソフトで日々の記帳・会計処理をしたほうが税理士報酬額が下がります。以下の記事で紹介しています。

 

令和2年(2020年)分の確定申告は2021/4/15で終了しました。申告できていない方は速やかに期限後申告を行ってください。→ 国税庁の「確定申告を忘れたとき」はこちら

令和2年分の確定申告(2021年に申告する)はコロナウイルス感染拡大の影響で2021/4/15まで延長されました。

 

ピックアップ記事

【2021年8月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付はこちら。償還免除もあります。

【2021年8月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付【緊急小口資金/総合支援資金、非課税世帯は償還免除。新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が追加】
緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付、再貸付)について、申請期間が2021年6月末日まで延長となりました。 厚生労働省の告知ページでは6月末までの期限となっていますが、申し込み先である一部の社会福祉協議会では2021年8月末までの期...

 

まん延防止措置の「CO2センサー」導入を検討の人は必見!

CO2センサーの導入方法【緊急事態宣言/まん延防止等重点措置の要請事項】濃度1,000ppm以下の換気を維持/NDIR方式のオススメ日本製商品も紹介
2021年3月から順次、緊急事態宣言が解除されましたが、解除後にコロナウイルスの感染が拡大しています。 2021/4/5から大阪府に「まん延防止等重点措置」が要請、その後、東京都も追加されましたが、4/25から緊急事態宣言が発令されま...

 

キャンペーン・イベント情報

【6/30まで】freeeがAmazonギフト券最大10万円分プレゼント!紹介キャンペーン/スマート受発注新規利用
クラウド会計ソフトのfreeeがAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを開催中です。 紹介するともれなく最大10万円分/スマート受発注新規利用で抽選で1万円分のAmazonギフト券をプレゼント! クラウド確定申告/会計ソフト...
【7/31まで】ふるさと本舗のキャンペーン情報【もれなく寄附金額6%分Amazonギフト券プレゼント!新規会員登録者は2,000円分のギフト券も当たる!増量中のお得な返礼品も!】
期間限定のおすすめキャンペーンをふるさと本舗で行っています。 ふるさと納税は、もともと納税するだけの税金なのに返礼品がもらえるお得な制度ですが、ふるさと本舗のキャンペーンを活用すると、さらにAmazonギフト券がもらえます! メ...
【7/31まで】さとふるのキャンペーン情報【今回は応募者全員にAmazonギフト券またはPayPayギフトカードをプレゼント!3と8のつく日は寄附金額の最大5%分!】
ふるさと納税サイト「さとふる」で「さとふるの日キャンペーン」を実施中です。 さとふるの日に寄附をすると応募者全員に寄附金額の最大5%分のAmazonギフト券またはPayPayギフトカードがプレゼントされます。 さとふるの日キャンペー...
【6/27購入分/申込7/31まで】Microsoft 365/MS Officeがキャッシュバックキャンペーン!【最大5,000円キャッシュバック!実質26%OFF!AmazonのPCなどセット買いもお得!】
2021/6/27購入分までですが、申し込みは2021/7/31までです。 マイクロソフトがキャッシュバックキャンペーンを開催中です。 なんと最大5,000円がキャッシュバックされます! 【6/27まで】Microsoft 365...

 

確定申告関連情報

令和2年分は持続化給付金などコロナウイルス支援のため、通常とは違う収入があります。事業支援のための給付金などは課税対象なので注意してください。

新型コロナの特別給付金や持続化給付金、協力金は課税されるのか?【事業者向けは基本的に課税対象、GoToトラベルの補助金額も課税対象なので注意!】
新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経済の落ち込みが深刻ですが、国や地方自治体が給付金や支援金、協力金などを支給しています。 給与所得者はあまり関係がありませんが、個人事業主や法人は確定申告で課税対象となるのか非課税になるのかが気...
【1/31まで延長】新型コロナウイルス支援策「持続化給付金」の申請要領の概要【個人事業主編】給付対象と給付額【5/8から支給切捨てなし】
持続化給付金の申請期限が延長されました。 延長の申込期限2021/1/31まで、書類の提出期限2021/2/15まで 持続化給付金は、中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給する給付金のことです。 無条件で支給さ...

 

今回の確定申告からe-TAXと従来の紙の申請で特別控除額に違いがあります。e-TAXじゃないと損ですよ!

令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更【e-TAXだと10万円アップ!】
令和2年(2020年)分から確定申告時の青色申告特別控除額が変更されました。 基礎控除額も変更されており、e-TAXの青色申告だと控除額が10万円アップします! 令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更 令和2...
freeeが電子申告開始ナビを開設【無料で簡単にe-Taxの準備ができるナビゲーション!】
オンラインでの会計・確定申告ソフトのfreeeが電子申告開始ナビを開設しました。 電子申告だと申告書の印刷や税務署に並ばなくても良くなり、とても便利ですよね。 電子申告してみたいんだけど、どうやってす...

コメント