freeeが電子申告開始ナビを開設【無料で簡単にe-Taxの準備ができるナビゲーション!】

確定申告
スポンサーリンク
OCNモバイルONE/OCN光

オンラインでの会計・確定申告ソフトのfreeeが電子申告開始ナビを開設しました。

電子申告だと申告書の印刷や税務署に並ばなくても良くなり、とても便利ですよね。

電子申告してみたいんだけど、どうやってするの?

マイナンバーカードがいるんだっけ?

カードってどうやって使うの??

電子申告に移行してみたいけど、どうやって始めればいいのか分からない人も多いと思います。

 

freeeが簡単に電子申告を始められるように、電子申告開始ナビを開設しました。無料で利用できるので、是非活用してみてください。

電子申告の概要

電子申告は、従来の印刷された確定申告書ではなく、電子データを国税庁に送信するだけで確定申告ができます。

電子申告のメリット

電子申告で確定申告すると以下のメリットがあります。

税務署に並ぶ必要がない

確定申告時期は税務署が混雑して、確定申告書を提出するのも一苦労です。特に申告期限ギリギリだと、たくさんの人が並んでいます。

電子申告なら並ばなくても、自宅やオフィスから申告することができます。

確定申告書を印刷する必要もないので、印刷用紙やプリンターを準備しなくても大丈夫です。個人事業主だと滅多に印刷なんてしないので、確定申告のためだけにインクカートリッジを購入するのがバカらしいです。プリンターは安くてもインクが高いんですよね(笑)。

24時間いつでも申告できる

さきほどの並ばなくても良いと同じですが、従来は税務署の営業時間内に提出する必要がありました。基本的に土日は休みなので、平日限定です。

電子申告であれば、曜日に関係なく24時間いつでも申告することができます。

業務が忙しくて平日に時間が取れない場合でも、いつでも申告できるのは大きなメリットです。

2020年分からは税額がお得に

2019年分(2020年に申請)は、まだ関係ありませんが、2020年分から税制が改正されます。

2020年分の確定申告からは電子申告(e-Tax)により控除額が10万円上乗せされます。

「控除額の上乗せ=納税額が減る」なので、直接的なメリットですね。

電子申告の注意点

電子申告でも従来の申告と同様に国税庁のサイトの「確定申告コーナー」やfreeeなどの確定申告ソフトで確定申告書を作成します。

提出するものが印刷物か電子データかの違いとなります。

電子申告では電子データが正しいものであるかを判断するために、マイナンバーカード内部の電子情報が必要です。

マイナンバーの番号のみや通知カードでは電子申告をすることはできません。

マイナンバーカードの情報を読み取るICカードリーダーが必要となります。

freeeの電子申告開始ナビ

さきほど電子申告するためには、マイナンバーカードやICカードリーダーが必要と説明しました。

実際にはもう少し作業が必要で、手順的には以下のようになります。

  • マイナンバーカードの用意
  • ICカードリーダーの準備
  • ソフトウェアの準備
  • 利用者識別番号の用意
  • 電子証明書の登録

もっと具体的にどういう順序でどのように準備するのかを「freeeの電子申告開始ナビ」がナビゲーションしてくれます。

「freeeの電子申告開始ナビ」自体は無料で利用できます。

 

以上、電子申告(e-Tax)の概要とfreeeの電子申告開始ナビを紹介しました。

電子申告開始ナビは無料で利用できるので、是非活用してみてください。

freeeの【電子申告開始ナビ】はこちら

 

会計freeeだと電子申告に対応しています。無料で始めることができます。

→ 白色/青色申告の確定申告ソフト「freee」を無料で始める

 

freeeの電子申告開始ナビでは、準備するものや手順、マイナンバーカードの発行サイトなどを教えてくれますが、ICカードリーダーなど実際の商品は自分で用意しないといけません。freeeではICカードリーダーを販売していませんからね(笑)。

接触型だと以下の製品があります。

 

非接触型だと以下の製品があります。

 

一部のスマートフォンでもマイナンバーカードを読み取ることができます。

電子申告(e-Tax)に対応したICカードリーダーとスマートフォンは以下の公的個人認証サービスのポータルサイトで確認することができます。

→ 公的個人認証サービスの対応ICカードリーダライタ/スマホのページはこちら

 

e-Taxはマイナンバーカード以外に「ID・パスワード方式」で利用することも可能です。「ID・パスワード方式」のほうが準備は簡単なので、興味のある方は以下の記事を参考にしてください。

 

確定申告の期限が2020/4/16(木)まで延長されました。→ 国税庁のページ

キャンペーン・イベント情報

 

確定申告関連情報

コメント