freeeが電子申告開始ナビを開設【無料で簡単にe-Taxの準備ができるナビゲーション!】

確定申告
スポンサーリンク

新規登録でAmazon500ポイントプレゼント!
(初めて/1年間未登録の方限定)
30日間無料体験あり

【期間限定】エントリーはこちら

30日間無料体験はこちら

令和2年(2020年)分の確定申告は2021/4/15で終了しました。申告できていない方は速やかに期限後申告を行ってください。→ 国税庁の「確定申告を忘れたとき」はこちら

令和2年分の確定申告(2021年に申告する)はコロナウイルス感染拡大の影響で2021/4/15まで延長されました。

 

オンラインでの会計・確定申告ソフトのfreeeが電子申告開始ナビを開設しました。

電子申告だと申告書の印刷や税務署に並ばなくても良くなり、とても便利ですよね。

電子申告してみたいんだけど、どうやってするの?

マイナンバーカードがいるんだっけ?

カードってどうやって使うの??

電子申告に移行してみたいけど、どうやって始めればいいのか分からない人も多いと思います。

 

freeeが簡単に電子申告を始められるように、電子申告開始ナビを開設しました。無料で利用できるので、是非活用してみてください。

電子申告の概要

電子申告は、従来の印刷された確定申告書ではなく、電子データを国税庁に送信するだけで確定申告ができます。

電子申告のメリット

電子申告で確定申告すると以下のメリットがあります。

税務署に並ぶ必要がない

確定申告時期は税務署が混雑して、確定申告書を提出するのも一苦労です。特に申告期限ギリギリだと、たくさんの人が並んでいます。

電子申告なら並ばなくても、自宅やオフィスから申告することができます。

確定申告書を印刷する必要もないので、印刷用紙やプリンターを準備しなくても大丈夫です。個人事業主だと滅多に印刷なんてしないので、確定申告のためだけにインクカートリッジを購入するのがバカらしいです。プリンターは安くてもインクが高いんですよね(笑)。

24時間いつでも申告できる

さきほどの並ばなくても良いと同じですが、従来は税務署の営業時間内に提出する必要がありました。基本的に土日は休みなので、平日限定です。

電子申告であれば、曜日に関係なく24時間いつでも申告することができます。

業務が忙しくて平日に時間が取れない場合でも、いつでも申告できるのは大きなメリットです。

2020年分からは税額がお得に

2020年分から税制が改正されました。

2020年分の確定申告からは電子申告(e-Tax)により控除額が10万円上乗せされます。

「控除額の上乗せ=納税額が減る」なので、直接的なメリットですね。

詳細はこちらのページで紹介しています。

 

青色申告するためには開業届を事前に申請する必要があります。

電子申告の注意点

電子申告でも従来の申告と同様に国税庁のサイトの「確定申告コーナー」やfreeeなどの確定申告ソフトで確定申告書を作成します。

提出するものが印刷物か電子データかの違いとなります。

電子申告では電子データが正しいものであるかを判断するために、マイナンバーカード内部の電子情報が必要です。

マイナンバーの番号のみや通知カードでは電子申告をすることはできません。

マイナンバーカードの情報を読み取るICカードリーダーが必要となります。

freeeの電子申告開始ナビ

さきほど電子申告するためには、マイナンバーカードやICカードリーダーが必要と説明しました。

実際にはもう少し作業が必要で、手順的には以下のようになります。

  • マイナンバーカードの用意
  • ICカードリーダーの準備
  • ソフトウェアの準備
  • 利用者識別番号の用意
  • 電子証明書の登録

もっと具体的にどういう順序でどのように準備するのかを「freeeの電子申告開始ナビ」がナビゲーションしてくれます。

「freeeの電子申告開始ナビ」自体は無料で利用できます。

 

以上、電子申告(e-Tax)の概要とfreeeの電子申告開始ナビを紹介しました。

電子申告開始ナビは無料で利用できるので、是非活用してみてください。

freeeの【電子申告開始ナビ】はこちら

 

会計freeeだと電子申告に対応しています。無料で始めることができます。

→ 白色/青色申告の確定申告ソフト「freee」を無料で始める

 

freeeの電子申告開始ナビでは、準備するものや手順、マイナンバーカードの発行サイトなどを教えてくれますが、ICカードリーダーなど実際の商品は自分で用意しないといけません。freeeではICカードリーダーを販売していませんからね(笑)。

接触型だと以下の製品があります。

 

非接触型だと以下の製品があります。

 

一部のスマートフォンでもマイナンバーカードを読み取ることができます。

電子申告(e-Tax)に対応したICカードリーダーとスマートフォンは以下の公的個人認証サービスのポータルサイトで確認することができます。

→ 公的個人認証サービスの対応ICカードリーダライタ/スマホのページはこちら

 

e-Taxはマイナンバーカード以外に「ID・パスワード方式」で利用することも可能です。「ID・パスワード方式」のほうが準備は簡単なので、興味のある方は以下の記事を参考にしてください。

 

令和2年(2020年)分の確定申告は2021/4/15で終了しました。申告できていない方は速やかに期限後申告を行ってください。→ 国税庁の「確定申告を忘れたとき」はこちら

令和2年分の確定申告(2021年に申告する)はコロナウイルス感染拡大の影響で2021/4/15まで延長されました。

 

ピックアップ記事

【2021年8月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付はこちら。償還免除もあります。

【2021年8月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付【緊急小口資金/総合支援資金、非課税世帯は償還免除。新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が追加】
緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付、再貸付)について、申請期間が2021年6月末日まで延長となりました。 厚生労働省の告知ページでは6月末までの期限となっていますが、申し込み先である一部の社会福祉協議会では2021年8月末までの期...

 

まん延防止措置の「CO2センサー」導入を検討の人は必見!

CO2センサーの導入方法【緊急事態宣言/まん延防止等重点措置の要請事項】濃度1,000ppm以下の換気を維持/NDIR方式のオススメ日本製商品も紹介
2021年3月から順次、緊急事態宣言が解除されましたが、解除後にコロナウイルスの感染が拡大しています。 2021年4月頃からまんえん防止重点措置や緊急事態宣言の発令/解除を繰り返しており、現在一部地域で緊急事態宣言中ですが、感染者が減...

 

キャンペーン・イベント情報

【6/30まで】freeeがAmazonギフト券最大10万円分プレゼント!紹介キャンペーン/スマート受発注新規利用
クラウド会計ソフトのfreeeがAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを開催中です。 紹介するともれなく最大10万円分/スマート受発注新規利用で抽選で1万円分のAmazonギフト券をプレゼント! クラウド確定申告/会計ソフト...
【7/31まで】ふるさと本舗のキャンペーン情報【もれなく寄附金額6%分Amazonギフト券プレゼント!新規会員登録者は2,000円分のギフト券も当たる!増量中のお得な返礼品も!】
期間限定のおすすめキャンペーンをふるさと本舗で行っています。 ふるさと納税は、もともと納税するだけの税金なのに返礼品がもらえるお得な制度ですが、ふるさと本舗のキャンペーンを活用すると、さらにAmazonギフト券がもらえます! メ...
【7/31まで】さとふるのキャンペーン情報【今回は応募者全員にAmazonギフト券またはPayPayギフトカードをプレゼント!3と8のつく日は寄附金額の最大5%分!】
ふるさと納税サイト「さとふる」で「さとふるの日キャンペーン」を実施中です。 さとふるの日に寄附をすると応募者全員に寄附金額の最大5%分のAmazonギフト券またはPayPayギフトカードがプレゼントされます。 さとふるの日キャンペー...
【6/27購入分/申込7/31まで】Microsoft 365/MS Officeがキャッシュバックキャンペーン!【最大5,000円キャッシュバック!実質26%OFF!AmazonのPCなどセット買いもお得!】
2021/6/27購入分までですが、申し込みは2021/7/31までです。 マイクロソフトがキャッシュバックキャンペーンを開催中です。 なんと最大5,000円がキャッシュバックされます! 【6/27まで】Microsoft 365...

 

確定申告関連情報

令和2年分は持続化給付金などコロナウイルス支援のため、通常とは違う収入があります。事業支援のための給付金などは課税対象なので注意してください。

新型コロナの特別給付金や持続化給付金、協力金は課税されるのか?【事業者向けは基本的に課税対象、GoToトラベルの補助金額も課税対象なので注意!】
新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経済の落ち込みが深刻ですが、国や地方自治体が給付金や支援金、協力金などを支給しています。 給与所得者はあまり関係がありませんが、個人事業主や法人は確定申告で課税対象となるのか非課税になるのかが気...
【1/31まで延長】新型コロナウイルス支援策「持続化給付金」の申請要領の概要【個人事業主編】給付対象と給付額【5/8から支給切捨てなし】
持続化給付金の申請期限が延長されました。 延長の申込期限2021/1/31まで、書類の提出期限2021/2/15まで 持続化給付金は、中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給する給付金のことです。 無条件で支給さ...

 

今回の確定申告からe-TAXと従来の紙の申請で特別控除額に違いがあります。e-TAXじゃないと損ですよ!

令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更【e-TAXだと10万円アップ!】
令和2年(2020年)分から確定申告時の青色申告特別控除額が変更されました。 基礎控除額も変更されており、e-TAXの青色申告だと控除額が10万円アップします! 令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更 令和2...
freeeが電子申告開始ナビを開設【無料で簡単にe-Taxの準備ができるナビゲーション!】
オンラインでの会計・確定申告ソフトのfreeeが電子申告開始ナビを開設しました。 電子申告だと申告書の印刷や税務署に並ばなくても良くなり、とても便利ですよね。 電子申告してみたいんだけど、どうやってす...

コメント