Uber Eatsはどんなサービス? -本格的な料理もデリバリー、割引きクーポンでお得に利用-

料理

最近、近所を歩いていると下の写真のような人を見かけるようになりました。

気になって調べたところ「Uber Eats」というフードデリバリーサービスなんですね。

お寿司の出前とか宅配弁当・料理のちらしが郵便受けに良く入ってるんですが、それらはちょっと高いなぁと思って、ちらしは即ゴミ箱行きです。ごめんなさい。

Uber Eatsもお高いのかと思ったんですが、気軽に利用できそうな価格です。通常営業してるレストランの料理なので、弁当とも一線を画してます。

Uber Eatsとは

Uberと言えばタクシーのように自動車送迎してくれる配車サービスで有名ですね。

Uber Eatsは、ファーストフード店からレストランまで通常営業している飲食店の料理を「フードデリバリー」してくれる最新サービスです。

Uberと同様にスマートフォンのアプリやPCのWEBサイトから簡単に注文できます。

多様なレストランの料理を楽しめる

これまでも出前や宅配料理はありましたが、店舗ごとに宅配サービスを行っています。

Uber Eatsは配車サービスで培ったシステムを利用しています。今までデリバリーサービスをしたくてもできなかったレストランでもUber Eatsのシステムに参加するだけでデリバリーができます。

本格的なレストランも多数参加しているので、本格的な料理のデリバリーサービスを受けられます。

宅配専門の料理業者だと本当においしいのか良く分かりません。実店舗で営業しているレストランの料理ならクチコミも見られるし、安心できますよね。

→ 「Uber Eatsのフードデリバリー」はこちらから

簡単に注文

スマートフォンのアプリやPCのWEBサイトから簡単に注文できます。

料理の代金の他に配送手数料がかかります。実際にレストランまで出かければ配送手数料がかからないので安く済ませることができますが、出かける手間や時間もかからず、行列に並ばなくてもUber Eatsなら自宅まで届けてくれます。

子供に手がかかって料理ができないときにも簡単に注文できます。

配送手数料はレストランから届け先までの距離に応じて決められています。近いと110円、そこそこ遠いと420円などと変わってきます。

配送までにかかる時間の目安や配送手数料もレストランを検索する時から表示されているので、料金の目安を見ながら料理を選ぶことができます。

→ 「Uber Eatsのフードデリバリー」はこちらから

どこでも届けてくれる

自宅以外にもデリバリーしてくれます。

オフィスでの昼食用に注文できるし、プロジェクト完了時の軽いパーティーなんかにも利用できます。まともに料理を用意しようとすると相当手間がかかります。

大きな公園でのデート中など屋外にも本格的な料理をデリバリーすることもできます。

これからお花見シーズンになりますが、用意していたお弁当が足らなかったときにデリバリーしてもらえればとても助かりますね。持ち寄りしないといけなかったのに忙しくて一人だけ準備できなかったときも重宝します。

配送時間にもよりますが、暖かい料理が期待できます。配達員がGPSで現在位置を知らせており、アプリの地図上で配達状況をリアルタイムに確認できるので、イライラすることもありません。

→ 「Uber Eatsのフードデリバリー」はこちらから

サービスエリアが拡大中

Uber Eatsが日本でサービスを開始したときには東京でしか利用できませんでした。

今では全国に展開しており、主要都市で利用できるようになりました。

  • 関東:東京、横浜、川崎、埼玉、千葉
  • 関西:大阪、京都、神戸
  • 中部:名古屋
  • 九州:福岡

上記都市の一部のエリアでサービスが利用可能です。詳細はUber Eatsのサイトで確認できます。

→ 「Uber Eatsのフードデリバリー」はこちらから

割引きクーポン

デリバリーの配送手数料などで実店舗で食べるよりも料金が少し上がりますが、割引きクーポンが頻繁に用意されています。

アプリから割引きクーポンを確認できます。クーポンを使えば割安に利用できますね。

→ 「Uber Eatsのフードデリバリー」はこちらから

まとめ

以上、Uber Eatsについて紹介しました。

本格的なレストランの料理を自宅で楽しめたり、公園などにもデリバリーしてもらえるのでお花見などにも重宝しますね。

初回クーポンなども用意されているので、一度利用されてみてはいかがでしょうか。

→ 「Uber Eatsのフードデリバリー」はこちらから

 

Uber Eatsでは配達パートナーも募集しています。副業としても利用できますね。配達パートナーについては別の記事で紹介したいと思います。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

コメント