税理士とは? -確定申告や会計業務の代行、節税や相続の相談に便利-

確定申告

事業を行っている方は確定申告が必要です。3月に慌てて確定申告をしていませんか?

確定申告書類の作成や日々の会計処理に時間がかかって本業に集中できない人もいるんじゃないでしょうか。また、急に相続することになったけど、税金の処理はどうやってするのか分からない方もいると思います。

このような事業の所得税や会計、相続税の悩みは税理士に相談するのが一番です。

「税理士なんて知り合いにいない。どこで探すの?」と悩んでしまいますよね。

今回は税理士とはどういうものなのか、税理士に依頼するとどのようなメリットがあるのかを紹介します。

既に税理士を探している方や税理士報酬を抑えたい方は以下の記事を読んでください。

税金の悩み

事業の所得税の悩み

事業を行っている方、今から始める方は以下のような悩みがあるんじゃないでしょうか。

  • 事業を始めたけど、どうやって確定申告するの?
  • いつも3月に慌てて申告するから本業に集中できない。もっと楽にできる方法はないのかな?
  • オンラインの確定申告ソフトを導入して楽になったけど、毎日の会計処理が良く分からない。これって経費になるの?
  • 事業規模が大きくなったけど、青色申告にしたほうがいいの?それとも法人化のほうがいいの?
  • 事業税って何?所得税とは別なの?
  • 脱税はしたくないけど節税はしたい。正しく節税って、どうするの?

いろいろ悩みがあると思いますが、一番の悩みは、「申告時期が忙しい」、「正しい方法が分からない」ではないでしょうか。

相続税の悩み

急に相続することになった方は、こんな悩みがあるんじゃないでしょうか?

  • 何から始めたらいいか分からない
  • どこに届ければいいの?市役所?税務署?
  • どれくらい相続税がかかるの?
  • できるだけ少ない相続税で済ませる方法はないのかな?
  • 誰が相続するの?孫に相続させることはできるの?
  • 相続する不動産を売却しないと相続税が払えない
  • 相続する不動産に住んでるけど、それでも相続税がかかるの?

相続は一生のうちに1度あるかないかです。どうやったらいいのか分からないのも当然です。

相続する額が大きい方は、節税したいですよね。額が額なので、やり方次第で、節税できる額も相当な差が出てしまうと思います。

税金の悩みの解決方法

これらのような悩みは税理士に相談するのが一番です。

「税理士って良く聞くけど、何をしてくれるの?」や「どうやって税理士を探すの?」と思われる方もいると思います。

税理士

税理士とは

個人事業主の方であれば確定申告を自分で行ったことがあると思います。別に税理士でなくても確定申告の書類の作成や申告はできます。

税理士は以下の独占業務を行うことができます。独占業務とは資格のある者(税理士)だけが行うことを許される業務のことです。

税理士の独占業務

  1. 税務書類の作成
    • 決算書や確定申告書、相続税の申告書など税に関する書類を作成できる
    • 本人の書類は本人が作成できるが、他人の書類は税理士のみが作成できる
  2. 税務申告の代理
    • 納税者の代わりに税務署などに申告・申請できる
    • 税務調査が入った場合、納税者に代わって対応できる
  3. 税務相談
    • 税金に関する相談を受けることができる

税理士の資格

税理士になるためには主に以下の条件が必要です。

税理士資格の条件

  • 税理士試験に合格した者(または試験を免除された者)
  • 弁護士
  • 公認会計士

詳細は、日本税理士会連合会の税理士の資格取得のページに記載されています。

基本的には国税庁が認めた税理士試験に合格した人が税理士です。

税理士業務を包含した資格である弁護士、公認会計士も難関の国家資格です。

税理士に依頼するメリット

税理士は国家資格なので、税理士資格のある人に税金の相談をすれば間違いありません。

具体的にどのような悩みが解決するのでしょうか?

冒頭で紹介した悩みをまとめると以下のようになります。

主な税金の悩み

  1. 確定申告時期に作業が集中して本業に支障が出る
  2. 適切な会計処理や節税の方法が分からない
  3. 相続に関する税金の仕組み・手続きや節税の方法が分からない

税務代理、書類作成

「確定申告の作業に時間が取られて本業に支障が出る」ような場合、税理士が税務作業を代理で行ってくれます。

主な税務代理、書類作成

  • 会計帳簿の記入代行
  • 確定申告の書類作成、申請
  • 青色申告の承認申請
  • 税務調査の立会い
  • 税務署への不服申し立て
税務作業から開放されれば、本業に集中できます。

税務相談

「適切な会計処理が分からない」や「正しく節税したい」場合、税理士に相談することができます。

主な会計、節税相談

  • 正しく会計できているかのチェック
  • どこまで経費として認められるかなどの節税相談
  • 補助金や助成金などの相談
  • 固定資産の会計上の取り扱いや固定資産税の経費計上の相談
正しい会計処理、節税のやり方が分かれば、業績アップにつながります。

相続に関する手続き、相談

相続は一生に1度あるかないかなので、ほとんどの人は分からないことだらけです。税理士に相談すればスムーズな手続きができ、節税できるかもしれません。

主な相続に関する手続き、相談

  • 相続税の申請書類の作成、申請代行
  • 自宅や不動産の相続に関する相談
  • できるだけ納税額を抑えるための相談
  • 生前に節税効果のある資産管理の相談
相続時はとても慌ただしい時期です。自宅を相続する場合など、今後の生活にも影響します。スムーズな手続きで少しでも気持ちの負担を減らすことができます。
生前に相続を相談すれば、少しでも多くの資産を残すことができるかもしれません。

税理士への依頼

税理士への業務代行を依頼することや相談することで、さまざまなメリットがあることを紹介しました。

「でも、税理士なんて知り合いにいない。どこに依頼すればいいの?」思っているかもしれません。

税理士事務所に依頼すればいいんですが、どうやって探すのかも分からないですよね。

日本税理士会連合会

日本税理士会連合会は税理士試験を実施、税理士の登録を行っている団体です。税理士の指導・監督も行っています。

以下の日本税理士会連合会のサイトから税理士を検索することができます。

日本税理士会連合会の「税理士情報検索サイト」はこちら

税理士の無料紹介サービス

さきほどの日本税理士会連合会のサイトだと、たしかに全国の税理士を指定した条件で検索できます。できるんですが、膨大な税理士が検索結果に表示されます。多分、全ての税理士が登録されているので、当たり前なんですが。。。

膨大な検索結果から選ぶことは難しいと思います。

また、一部の検索結果ではWEBサイトのアドレスも記載されているのですが、載っていないほうが多いです。これでは税理士事務所の規模も質や評判も分かりませんよね。

そこで、無料で税理士を紹介してくれるサービスがあります。詳細は次の記事で紹介します。

 

税理士に頼まずに自力でやりたい方は、確定申告ソフトが必須です。弁理士に頼んだとしても確定申告ソフトで日々の記帳・会計処理をしたほうが税理士報酬額が下がります。以下の記事で紹介しています。

コメント