【8/31まで】マネーフォワード クラウド テレワーク補助金キャンペーンを開始!Amazonギフト券5万円分プレゼント!

確定申告
スポンサーリンク

新規登録でAmazon500ポイントプレゼント!
(初めて/1年間未登録の方限定)
30日間無料体験あり

【期間限定】エントリーはこちら

30日間無料体験はこちら

こちらのキャンペーンは終了しています。

現在のキャンペーンはこちら。

 

 

オンラインでのクラウド会計や確定申告で有名な「マネーフォワード クラウド」が「10億円軍資金キャンペーン」を実施していましたが、一部内容を変更して、「テレワーク補助金キャンペーン」に変わりました。

キャンペーン期間も2020/8/31まで延長されました。

対象は法人企業のみ(その他条件あり)となりますが、Amazonギフト券が5万円分プレゼントされます。

マネーフォワード テレワーク補助金キャンペーンはこちら

テレワーク補助金キャンペーン

背景と趣旨

当初は以下の背景と趣旨で10億円キャンペーンを実施されていました。(以前に本ページで掲載していた内容です)

「この国の働き方を、本気で変える10億円。」をスローガンに、中小企業のクラウド化促進を目指すために「10億円軍資金キャンペーン」を実施されているようです。
政府主導の「働き方改革」が徐々に浸透しだし、残業の縮小やテレワークでの遠隔勤務を取り入れる企業が増加しています。令和初の年末年始では、外食産業やコンビニなどが休業したことも話題になりました。日本全体として、労働環境が改善されるのであれば、便利さは多少犠牲にしても良いという風潮に変わってきています。慢性的な人材不足で年末年始に人手がなかったり、労働環境が悪いと人材が集まらないという切実な問題も大きく影響しているのかもしれません。マネーフォワードでは、このような働き方改革や人材不足を背景に、今までクラウド会計に踏み出せなかった企業を後押しするため、企業の生産性向上、働き方改革を推進することを目的に「10億円軍資金キャンペーン」を実施しています。

2019年10月の消費税改正にともない軽減税率制度が始まりました。ただでさえ人材不足なのに複雑な軽減税率によって業務量が増えている状況です。クラウド会計であれば会計業務にかける時間の削減に期待ができます。

要点としては、「従来の紙をベースにした作業だと非常に多かった作業量を、クラウドを利用して自動化することで作業量を減らしていこう」と推奨するものです。

マネーフォワード クラウドの効果の一例

マネーフォワード クラウドの効果の一例

 

元々このような主旨でキャンペーンを行っていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレワークの導入を余儀なくされました。

テレワークの鍵は『紙のデジタル化』つまりクラウド化

ただ従来の業務のやり方でテレワークを導入しても、「文書に押印しないといけない」、「機密情報の文書を持ち出せない」などの理由から、どうしても出勤せざるを得ない業務が残ります。

紙の文書に縛られている限り、テレワークを導入しても円滑に業務が回らないと言えます。

マネーフォワードなどの紙のデジタル化を実現するクラウドの活用は、テレワーク実現に向けた環境作りの大きな一歩となります。

今まで「ITを導入できる人材がいない」、「導入効果がわからない」、「コストが負担できない」などの理由から、クラウド会計を導入していない企業は、マネーフォワードの「テレワーク補助金キャンペーン」を活用してクラウド会計を始めてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓ マネーフォワード クラウドの特徴や効果はこちら ↓↓↓
マネーフォワード テレワーク補助金キャンペーンはこちら

キャンペーン概要

  • キャンペーン名:テレワーク補助金キャンペーン
  • キャンペーン期間:2020年6月1日 〜 8月31日
  • キャンペーン特典:Amazon ギフト券 50,000円分
  • 条件など
    • 法人企業である。
    • キャンペーン期間中に「マネーフォワード クラウド」で事業所を作成し、その事業所が「法人ビジネス年額プラン」に契約していること。
      • 有料/無料を問わず過去にマネーフォワード クラウドで作成した事業所は対象外
    • 決済方法がクレジットカードである。(初回登録日が6/1~8/31まで)
      • 過去にマネーフォワード クラウドにクレジットカードを登録している場合は対象外
      • ただし、2020年6月30日までの申し込み分に限り、クレジットカードの初回登録日が2020年1月1日~5月31日であっても対象
    • 申込みフォームからキャンペーンの申し込みをしていること。
    • 2020/7/1~10/31までに以下のいずれかを満たしていること。
      • 「マネーフォワード クラウド会計」上で合計30件以上の仕訳を登録
      • 「マネーフォワード クラウド給与」上で1名以上の確定処理を実施
    • 2020年10月31日時点で法人ビジネス年額プランを継続している。
    • 本キャンペーン応募前及び本キャンペーン期間中に「マネーフォワード クラウド」に関する他のキャンペーンに応募していないこと。

↓↓↓ キャンペーンの詳細はこちら ↓↓↓
マネーフォワード テレワーク補助金キャンペーンはこちら

対象は法人企業

今回のキャンペーンは法人企業が対象です。個人事業主は対象外です。

法人ビジネス年額プラン

キャンペーン期間中に「マネーフォワード クラウド」で事業所を作成し、その事業所が「法人ビジネス年額プラン」に契約することが必要です。

過去にマネーフォワード クラウドで同じ事業所を登録していた場合は、有料/無料を問わずキャンペーン対象外です。(キャンペーン期間中に登録した事業所であれば、プラン変更でもOKです)

 

「法人ビジネス年額プラン」は基本料金59,760円/年です。クレジット決済のみキャンペーン対象です。

過去にマネーフォワード クラウドにクレジットカードを登録している場合はキャンペーン対象外となります。

Amazonギフト券が5万円分もらえるので、59,760円9,760円で利用できることになります。

キャンペーンの申し込みが必要

Amazonギフト券をもらうためには、キャンペーンへの申し込みが必要です。

また、実際に利用していることも条件になっています。

  • 「マネーフォワード クラウド会計」上で合計30件以上の仕訳を登録
  • 「マネーフォワード クラウド給与」上で1名以上の確定処理を実施

申し込み先は、次の手順で紹介します。

↓↓↓ キャンペーンの詳細はこちら ↓↓↓
マネーフォワード テレワーク補助金キャンペーンはこちら

キャンペーン申し込み手順

テレワーク補助金キャンペーン申し込み手順
  • STEP1
    マネーフォワード クラウドへの登録
    アカウント作成ページから無料でアカウントを作成する

    マネーフォワード クラウド アカウント作成ページはこちら

  • STEP2
    ビジネス年額プランの契約
    アカウント作成後に表示される上記の画面の「すぐに有料プランに申し込む」をクリックします。

    年額プランの「ビジネス」を選択し、クレジットカードを登録します。

  • STEP3
    キャンペーン申込み
    キャンペーン申込みフォームから申し込みます。

    申し込みには以下の情報が必要です。

    • マネーフォワード クラウドの事業所番号
    • 法人番号(13桁)
    • 連絡先

    キャンペーン申し込みページはこちら

 

以上、マネーフォワード クラウドのテレワーク補助金キャンペーンを紹介しました。

法人企業のみ対象ですが、Amazonギフト券が5万円分プレゼントされます。

軽減税率導入でますます会計処理の効率化が求められています。コロナウイルスの影響でテレワークへの移行が求められていますが、紙の文書のままだとテレワークの導入が難しく、クラウド化する必要があります。

このキャンペーンを利用してクラウド会計に移行してみてはいかがでしょうか。

2020/6/30まで
マネーフォワード テレワーク補助金キャンペーンはこちら

 

個人事業主の方だと無料のクラウド会計・確定申告があります。以下の記事で紹介しています。

令和2年(2020年)分の確定申告は2021/4/15で終了しました。申告できていない方は速やかに期限後申告を行ってください。→ 国税庁の「確定申告を忘れたとき」はこちら

令和2年分の確定申告(2021年に申告する)はコロナウイルス感染拡大の影響で2021/4/15まで延長されました。

 

ピックアップ記事

【2021年8月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付はこちら。償還免除もあります。

【2021年11月末まで延長】生活福祉資金の特例貸付【緊急小口資金/総合支援資金、非課税世帯は償還免除。新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が追加】
再度、2021年11月末までに延長されました! 緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付、再貸付)について、申請期間が2021年6月末日まで延長となりました。 厚生労働省の告知ページでは6月末までの期限となっていますが、申し込み先であ...

 

まん延防止措置の「CO2センサー」導入を検討の人は必見!

CO2センサーの導入方法【緊急事態宣言/まん延防止等重点措置の要請事項】濃度1,000ppm以下の換気を維持/NDIR方式のオススメ日本製商品も紹介
2021年3月から順次、緊急事態宣言が解除されましたが、解除後にコロナウイルスの感染が拡大しています。 2021年4月頃からまんえん防止重点措置や緊急事態宣言の発令/解除を繰り返しており、現在一部地域で緊急事態宣言中ですが、感染者が減...

 

キャンペーン・イベント情報

【6/30まで】freeeがAmazonギフト券最大10万円分プレゼント!紹介キャンペーン/スマート受発注新規利用
クラウド会計ソフトのfreeeがAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを開催中です。 紹介するともれなく最大10万円分/スマート受発注新規利用で抽選で1万円分のAmazonギフト券をプレゼント! クラウド確定申告/会計ソフト...
【10/31まで】ふるさと本舗のキャンペーン情報【もれなく寄附金額の最大7%分Amazonギフト券プレゼント!新規会員登録者は2,000円分のギフト券も当たる!増量中のお得な返礼品も!】
期間限定のおすすめキャンペーンをふるさと本舗で行っています。 ふるさと納税は、もともと納税するだけの税金なのに返礼品がもらえるお得な制度ですが、ふるさと本舗のキャンペーンを活用すると、さらにAmazonギフト券がもらえます! メ...
【10/31まで】さとふるのキャンペーン情報【今回は応募者全員にPayPayギフトカードをプレゼント!3と8のつく日は寄附金額の最大6%分!】
ふるさと納税サイト「さとふる」で「さとふるの日キャンペーン」を実施中です。 さとふるの日に寄附をすると応募者全員に寄附金額の最大6%分のPayPayギフトカードがプレゼントされます。 さとふるの日キャンペーン!最大6%分のギフト券プ...
【6/27購入分/申込7/31まで】Microsoft 365/MS Officeがキャッシュバックキャンペーン!【最大5,000円キャッシュバック!実質26%OFF!AmazonのPCなどセット買いもお得!】
2021/6/27購入分までですが、申し込みは2021/7/31までです。 マイクロソフトがキャッシュバックキャンペーンを開催中です。 なんと最大5,000円がキャッシュバックされます! 【6/27まで】Microsoft 365...

 

確定申告関連情報

令和2年分は持続化給付金などコロナウイルス支援のため、通常とは違う収入があります。事業支援のための給付金などは課税対象なので注意してください。

新型コロナの特別給付金や持続化給付金、協力金は課税されるのか?【事業者向けは基本的に課税対象、GoToトラベルの補助金額も課税対象なので注意!】
新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経済の落ち込みが深刻ですが、国や地方自治体が給付金や支援金、協力金などを支給しています。 給与所得者はあまり関係がありませんが、個人事業主や法人は確定申告で課税対象となるのか非課税になるのかが気...
【1/31まで延長】新型コロナウイルス支援策「持続化給付金」の申請要領の概要【個人事業主編】給付対象と給付額【5/8から支給切捨てなし】
持続化給付金の申請期限が延長されました。 延長の申込期限2021/1/31まで、書類の提出期限2021/2/15まで 持続化給付金は、中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給する給付金のことです。 無条件で支給さ...

 

今回の確定申告からe-TAXと従来の紙の申請で特別控除額に違いがあります。e-TAXじゃないと損ですよ!

令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更【e-TAXだと10万円アップ!】
令和2年(2020年)分から確定申告時の青色申告特別控除額が変更されました。 基礎控除額も変更されており、e-TAXの青色申告だと控除額が10万円アップします! 令和2年(2020年)分から青色申告特別控除額が変更 令和2...
freeeが電子申告開始ナビを開設【無料で簡単にe-Taxの準備ができるナビゲーション!】
オンラインでの会計・確定申告ソフトのfreeeが電子申告開始ナビを開設しました。 電子申告だと申告書の印刷や税務署に並ばなくても良くなり、とても便利ですよね。 電子申告してみたいんだけど、どうやってす...

コメント