白色申告から青色申告に切り替える方法【無料で始められる「やよいの白色/青色申告オンライン」の機能も比較】

確定申告
スポンサーリンク
OCNモバイルONE/OCN光

白色申告から青色申告に切り替える方法

確定申告/会計ソフトだと簡単で間違いがない!

最近は、オンラインのクラウド会計ソフトを導入する人が増加しています。

そう言えば、最近、同業者の人がオンラインでやってるって話してたかも。詳しくは聞かなかったんだけど。。

 

自分で帳簿をつけるのも大変なんですが、最も大変なのは、

本当にこの帳簿のつけ方や申告方法って正しいの??

だと、思います。

そうそう、いつも不安になりながら申告してる。毎年同じことしてるんだけど、すぐに忘れちゃうのよね。。

確定申告ソフトを導入すれば、ソフトの指示に従って帳簿をつけたり集計すれば、日々の収支の把握や確定申告に必要な書類が漏れることなく作成できます。

 

便利なのは分かるけど、会計ソフトって有料なんじゃないの?

確定申告/会計ソフトの中には無料で始めることのできるものがあります。

無料の確定申告/会計ソフトは?

無料のオンライン会計ソフトでオススメなのは「やよい」です。以下の種類があります。

  • やよいの白色申告オンライン
  • やよいの青色申告オンライン

どちらもサポート体制などの違いで複数のプランがあります。

「白色と青色でプランが分かれているけど、全くの別物なの?」と疑問に思いませんか?

将来的に青色申告に移行したいんだけど、

今は白色申告なんだよね。

その場合はどうすればいいの?

後で切り替えるのも面倒だなぁ。。

結論から言うと、青色申告オンラインでも白色申告できるので、青色申告オンラインを導入することをオススメします。

この辺りを解説します。

白色申告

プラン フリープラン ベーシックプラン トータルプラン
機能 全ての白色申告の機能が使用可能
サポート 電話・メール・チャット 電話・メール・チャット
業務相談
料金 永年無料 初年度4,000円/
次年度以降 年8,000円
初年度7,000円/
次年度以降 年14,000円

青色申告

プラン セルフプラン ベーシックプラン トータルプラン
機能 全ての白色申告/青色申告の機能が使用可能
サポート 電話・メール・チャット 電話・メール・チャット
業務相談
料金 初年度無料
次年度以降 年8,000円
初年度6,000円/
次年度以降 年12,000円
初年度10,000円/
次年度以降 年20,000円

各プランの違いをまとめると以下のようになります。

  • 白色と青色の違いは、機能の違い(当たり前ですが)
  • 各プランは、サポートの違いで分かれている
  • 無料なのは「白色申告フリープラン」と「青色申告セルフプランの初年度」

[PR]白色申告にも対応!
初年度無料の「やよいの青色申告オンライン」がおすすめ!
.

オススメはどれ?

結局、どれがおすすめなの?

どうせ白色申告だし、永年無料の白色申告?

ちょっと、待ってください。

 

結論から言うと「初年度無料の青色申告セルフプラン」がおすすめです。

えっ、なんで?

青色版は青色申告する人向けじゃないの?

青色申告版でも白色申告ができる!

青色申告版は青色申告するための機能が揃っていますが、実は白色申告もできます。

 

上の画像は公式ページに掲載されている白色申告版と青色申告版の機能比較表です。→ やよいの白色/青色申告の機能比較表はこちら

いろいろな機能があって、青色申告のほうが多くの機能に対応していることが分かります。

最も注目して欲しいところは、以下の部分です。

左の丸印が白色申告版で、右が青色申告版です。

青色申告版でも白色申告に対応しています。

でも、白色申告しかしないんだし、永年無料の白色申告フリープランでいいじゃん。

皆さんご存知だと思いますが、青色申告だと税制面で優遇されます。

  • 青色申告の特別控除:65万円
  • 白色申告の特別控除:なし

特別控除額が実に65万円の差があります。

でも、青色申告を選んでいない人が多いです。その主な理由は、

複式帳簿をつけるのが面倒だから

です。

白色申告でも帳簿自体はつける必要があり、領収書なども保管する義務があります。青色申告との違いは、複式簿記か単式簿記かの違いで、帳簿をつける必要があることには変わりがありません。

エクセルなどの自前の帳簿では、複式簿記を作成するのは難しいです。本ページでダウンロードできる帳簿も白色申告向けの単式簿記の帳簿です。

オンライン会計ソフトを導入すれば、白色でも青色でも帳簿をつける手間はほとんど変わりません。複雑な計算は全てソフト側でやってくれます。違いは確定申告時に印刷する紙が増えるかどうかくらいだと思います。

なるほど。手間が同じなら、節税になるほうがいいよね。

よし、青色申告に切り替えよう!

白色申告から青色申告への切り替え方

実はすぐには青色申告に切り替えることはできません。

えっ、そうなの?手続きが必要?

でも、手続きすればいいんでしょ。

今回は無理でも次回から節税になるなら切り替えたいなぁ。

やり方を教えてよ!

 

青色申告するためには「青色申告承認申請」が必要で、毎年3/15までに申請を受け付け、適用されるのは翌年度からです。(2021/3/15までに受け付けた場合、2021/1/1~12/31分の確定申告が青色申告できます)

青色申告承認を今年度中に申請して、来年から節税を目指す場合、以下の手順になります。

青色申告への切り替え方
  • STEP1(現在)
    会計ソフトの導入
    青色申告セルフプランを申し込んでおく
  • STEP2(現在)
    開業届の提出
    まだ開業届けを提出していない場合は提出します
  • STEP3(現在)
    青色申告承認申請
    3/15までに青色申告承認申請します
  • STEP4(現在)
    会計処理
    オンラインソフトで会計処理します
  • STEP5(申告時期)
    白色申告
    2020年分の確定申告は白色申告で行います
  • STEP6(翌年)
    会計処理
    今年と同様に会計処理を行う
  • STEP7(翌年)
    青色申告で節税
    2021年分の確定申告は青色申告で行います。65万円の特別控除が適用されます。

ありがとう!

なんとか頑張ってみるね。

初年度無料は白色/青色含めて全てのプランで初めて登録する方限定です(プラン切替では無料になりません)。必ず青色申告セルフプランで申し込んでください。

初年度無料青色申告セルフプランは以下のリンクから申し込めます。

【初年度無料】やよいの青色申告セルフプランの申し込みはこちら

 

開業届や青色申告承認申請は以下の記事も参考にしてください。

白色か青色かで悩んでいる方は

青色申告する可能性のある方は、最初から青色申告で申し込んだほうがいいです。後から青色申告に切り替えても、初年度無料は適用されません。

うーん、今まで白色申告だったし、どうしようかなぁ。

まだ、それほど儲けてないし。。。

今まで白色申告で、青色申告に変えることを悩んでいる人も、とりあえず青色申告セルフプランで申し込むことをおすすめします。

万が一、儲かってしまった場合(失礼ですね。スミマセン)、急に節税したいと思っても、急には青色申告に切り替えることはできません

青色申告セルフプランだと初年度無料で、白色申告にも対応しています。

結局、儲からなくて(これもスミマセン)、当面、白色申告で構わない場合は、後から永年無料の白色フリープランに切り替えれば無料で利用できます。

そっか、とりあえず青色セルフで申し込んで、後から考えればいいんだね。

とりあえず無料だし~~(笑)。

記帳は確定申告時期に慌ててするのではなく、日々、記帳することが大事です。オンラインソフトだと自動で銀行口座やクレジットの決済を記帳してくれるので、早く導入したほうが賢いですよ。

【初年度無料】やよいの青色申告セルフプランの申し込みはこちら

ソフトが苦手な人はサポートつきがおすすめ

うーん、ソフトとかって苦手なのよね。エクセルもだけど(笑)。
セルフプランだと結局自分でやらないといけないのよね?

会計ソフトに慣れていなくて操作が不安な人は青色申告の「ベーシックプラン」だとサポートが充実しています。電話・メール・チャットでサポートしてくれます。

初年度は半額の年6,000円で利用できます。

電話サポートまでついて年6,000円は安いと思います。

あまり言ってはいけないかもしれませんが、初年度にサポートを受けて、操作が慣れたら安いセルフプランに切り替えれば費用を抑えられます。

ベーシックプランの初年度半額は白色/青色含めて全てのプランで初めて登録する方限定です。(プラン切替では無料や半額になりません)

最初にセルフプランで申し込んでしまうと、切り替えても半額にならないので気をつけてください。

【初年度半額】やよいの青色申告ベーシックプランの申し込みはこちら

 

もうちょっと、安くならない?(笑)

当面、白色申告しかしないのであれば、白色申告の「ベーシックプラン」だとサポートが充実しています。青色ベーシックプランと同様にメールやチャット、電話で問い合わせできます。

初年度は半額の年4,000円で利用できます。

こちらも初年度だけ利用して、フリープランに切り替えれば翌年度以降は無料で利用できます。

ベーシックプランの初年度半額は白色/青色含めて全てのプランで初めて登録する方限定です。(プラン切替では無料や半額になりません)

最初にフリープランで申し込んでしまうと、サポートが必要になってベーシックプランに切り替えても半額にはなりません。気をつけてください。

そうなんだ。電話で問い合わせできるなら安心ね。
初めてで自信がないから半額のベーシックプランで始めたほうが良さそうね。

.

【初年度半額】やよいの白色/青色申告ベーシックプランの申し込みはこちら

今後は法改正あり?

2019年10月の法改正により消費税が増税されました。軽減税率も導入されたので、会計処理がややこしくなりました。

2023年からインボイス制度も導入されるので、消費税の確定申告について理解を深めたほうがいいと思います。以下の記事で紹介しています。

→ 2019年10月消費税改正後の確定申告・会計での消費税の扱い・納税について【特例で消費税丸儲け?】

→【2020年申請から】確定申告の添付書類が簡略化(2019年度分の確定申告)

 

今後の制度改正を考慮すると、白色申告はデメリットばかりになります。できるだけ早く青色申告に切り替えたほうがいいと思います。

青色申告セルフプランなら初年度無料で白色申告にも対応しています。この機会に青色申告に切り替えましょう!

【初年度無料】やよいの青色申告セルフプランの申し込みはこちら

 

どうしても帳簿のつけ方に不安がある方や確定申告する時間のない方は税理士に相談することをおすすめします。

→ 税理士とは? -確定申告や会計業務の代行、節税や相続の相談に便利-

→ 確定申告や相続で税理士を探すなら無料紹介が便利 -税理士報酬の引き下げ実績も多数-

確定申告の期限が2020/4/16(木)まで延長されていましたが、さらに無期限延長となりました。→ 国税庁のページ
尚、4/17以降の税務署での申告相談は事前予約制となります。

コロナウイルスの影響で減収となった個人事業主への持続化給付金はこちらの記事で解説しています。

 

キャンペーン・イベント情報

 

確定申告関連情報

コメント