会計/開業freeeでマイナンバーカードリーダープレゼントキャンペーン -電子申告に必要-

副業・起業

クラウド確定申告ソフトの会計freeeの個人事業主プランを契約すると「マイナンバーカードリーダー」がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

2019/3/15までの期間限定です。

電子申告での確定申告

確定申告は作成した申告書を税務署に提出しますが、電子的に申告する「電子申告」もできます。

電子申告だと確定申告書を印刷せず、税務署へ行かなくてもいいので、とても便利です。ただし、電子申告するためにはマイナンバーカードをPCで読み取るカードリーダーが必要です。

カードリーダーがないので電子申告したくても、できない方も多いと思います。マイナンバーカードリーダーは以下のような製品です。

クラウド会計ソフトfreeeや開業freeeをサービスしているfreee株式会社が「マイナンバーカードリーダープレゼントキャンペーン」を行っています。

→ クラウド会計ソフトfreee、開業freeeの「マイナンバーカードリーダープレゼントキャンペーン」の詳細を確認する.

マイナンバーカードリーダープレゼントキャンペーン

マイナンバーカードリーダーは特別高額なものではありませんが、プレゼントでもらえるなら、それに越したことはありません。今回プレゼントされるカードリーダーは以下の製品です。

プレゼントされるためには、いくつか条件があります。

条件など

以下の条件を全てを満たす方にプレゼントされます。

  • 期間
    • 2019年2月25日(月) 〜 3月15日(金)
  • 条件
    • 開業freeeを利用されている方
    • 期間中に初めて会計freeeを契約された方
    • 会計freee個人事業主向け有償プランを年額契約された方
      • 会計freeeの有償プランとは会計freeeスターター/スタンダード/プレミアムのことです。また、年額契約するためにはクレジットカードまたはPayPalアカウントが必要です。
  • 特典
    • マイナンバーカードリーダーをプレゼント(ICカードリーダライタACR39-NTTCom)
  • 発送時期
    • 2019年4月上旬中を予定

発送時期が4月中旬中なので、3/15までの今年の確定申告には間に合いません。カードリーダーで電子申告できるのは来年になります。

このキャンペーンの位置づけとして、最近、開業freeeで開業届を出した方をターゲットにしているので、来年に電子申告できれば問題ありません。今年も確定申告する方には少し残念ですが、来年用としてもらってしまえばいいと思います。

開業freeeは無料で利用できるので、この機会に登録されるといいと思います。

→ 「開業freee」で個人事業の開業届などの書類を【無料】で作成する.

マイナンバーカードリーダープレゼントキャンペーンは以下のリンクで詳細を確認できます。

→ クラウド会計ソフトfreee、開業freeeの「マイナンバーカードリーダープレゼントキャンペーン」の詳細を確認する.

確定申告ソフトの会計freeeは以下のリンクから申し込めます。

→ 白色/青色申告の確定申告ソフト「freee」を無料で始める.

 

開業届については以下の記事を参照してください。

→ 無料の開業freeeだと「個人事業の開業届」が超簡単に作成できる -法人化時の会社設立も-

確定申告ソフトについては、他のソフトも含めて以下の記事で紹介しています。

→ 株式投資の確定申告ソフトはfreeeがおすすめ -小規模事業なら無料の「マネーフォワード」か「やよい」-

コメント