リタイア後に生活費は変わるのか?

節約

早期退職を考えるとき、リタイア後の生活費はいくらかかるんだろう?と心配になりますよね。

はっきり言って、ライフスタイルや生活の質によって違うとしか言えません。

ただ、退職前と変わらない生活を送った場合、特に節約を意識しなくても安く済んでしまうのではないかと思っています。

食費(自炊メインの場合)

独身や共働きなどで、自炊する人が退職した場合、以下の理由で、かなり安く済むと思います。

  • スーパーのちらしで安売りを事前にチェックして買うことができる(働いていると安売りを狙って買うことが難しい)
  • 必要な食材のみを自由な時間に買うことができる。(次にいつ買えるかわからないと余分な食材を買ってしまう)
  • 食材を無駄にすることが少ない(働いていると外食や弁当に頼りがちで、買っていた食材を腐らせてしまうことも多い)
  • 外食するときも安いランチを狙える

働いていると食材を無駄にすることも多く、面倒だから今日は外食って日も多くなるので、食費が結構かかりますよね。

僕の場合、退職後は月に3万円程度です。料理好きなので、かなり豪華です。

また、筋トレしてるので大量に肉を食べますが、この程度で済みます。肉を抑えると2万円くらいでもいけるのではないかと思います。

食に興味がなく健康も気にしない人は1万円も目指せると思います。(健康は気にしてくださいね)

リタイア後に自炊が増えたこともあり、今年の夏は手荒れに悩まされました。同じように手荒れで悩んでいる方は以下の記事を参考にしてください。手袋を変えると劇的に治るかもしれません。

手荒れ(手湿疹)が治ってきた -治らない原因はゴム手袋のアレルギーかも-
今年の夏は、手荒れに悩まされました。 主婦湿疹(手湿疹)という奴ですね。 同じような症状で悩まされている方もいらっしゃると思うので、記事にしてみます。 「薬も塗ってるし手袋もしてるんだけど、なかなか治らない。。。」って方は...

食費(外食メインの場合)

外食メインの場合、退職の前後で違いはあまりないのではないかと思います。

自炊メインで書いた通り安いランチを狙えますが、社食や斡旋弁当も安いので、あまり違いはないのではないでしょうか。

僕は元から自炊してたので、外食メインの食費が分からないのですが、一般的に「材料費は売値の30%」から算出すると、3万円(自炊の食費)÷30%=10万円くらいでしょうか。(僕の自炊は夜は居酒屋レベルです)

10万円は少し高いですね。1日2千円としたら、月6万円くらいでしょうか。

退職したら自炊を始めましょう。時間はあるんですから。

食費(嗜好品)

会社勤めのときに結構かかっていたのが嗜好品でした。缶コーヒーやお茶などですね。人によってはお菓子も。

退職後はほぼ買いません。ストレスなしで必要性がなくなりました。

働いてたときはデスクにはペットボトルのお茶、休憩時に缶コーヒーって感じで、今考えるとバカにならない出費でした。当時は疑問にも思いませんでしたが、自販機ほんとに高い。。

 

また、リタイアには関係ありませんが、食に興味のある方は以下の記事で大阪と東京の食材の違いを紹介しています。

東京と大阪の違い -食材-
リタイア前から自炊はよくしていたんですが、現在はほぼ毎日3食とも自炊です。リタイア生活をしていると自炊は欠かせませんね。 僕は大阪出身で、15年ほど前に転職のため東京に引っ越してきました。東京に引っ越して「いろいろ大阪と違うなぁ~」と...

衣服

スーツを着なくて良くなりました。スーツ代結構かかるんですよね。年に1着は新調してたと思います。上着は無傷なんですが、パンツが駄目になりますね。新調頻度は低いですが革靴も。価格はピンキリなので省略。

そうそう、スーツ用のYシャツ、下着のシャツ、黒靴下も買う必要がなくなりました。

私服を着る時間が増えたとしても、部屋着の時間が増えただけなので、私服代にはほとんど影響しませんね。

洗濯

スーツ+私服から私服のみになったので、洗濯の回数が減りました。

退職前でも家に帰ると部屋着に着替えるし、チョロっと買い物に行くのに外着に着替えてとかしてたので、平日でも結構私服を着てたんですよね。

退職後は洗濯に関わる費用も少し減ったと思います。洗剤などは微々たるものですが、スーツのクリーニング代がゼロになりました。

Yシャツもクリーニングに出してる人は劇的に費用が下がると思います。

洗濯ネタですが、働いてると雨が心配で洗濯できる日が限られるんですよね。朝に天気が良くても天気予報で一時雨だったら洗濯できないんですよ。

雨に濡れた洗濯物をもう一度洗濯したり、洗濯物が溜まって浴室乾燥機を使ったりとか良くありました。

退職後は晴れてる時間帯だけ干しとけば良いので、非常に楽です。

特に変化がない生活費

以下のものは退職前後で特に変化がないのではないでしょうか。

  • 通信費(自腹で会社連絡してる人は減ります。本来は会社に請求すべきですが)
  • 水道光熱費(家にいる時間が増えますが、昼間の分が多いだけであまり影響ないと思います)
  • 住居費(同じ場所の場合)
  • 飲み代(退職前後で頻度が変わっていない場合)

住居費は、退職後は安いとこに引っ越せる自由度があるので、ライフスタイルを変更すれば安くできるってとこかな。

飲み代は人それぞれだと思います。

ストレスが減るし、会社の飲み会もなくなるので、飲み代は下がると思っていたんですが、僕の場合、人と接したいために飲む頻度が変わっていません。人によっては増えるかもしれませんね。

費用が増えるもの

うーん、特にない気がします。

旅行に行きまくりとかすれば増えるでしょうけど、きっちり計画すれば良いと思います。以前の記事にも書きましたが、1回当たりの費用は抑えやすいので、同じ費用で今までより回数が増えて満足するのではないでしょうか。

新しい趣味を始めれば、それなりに費用がかかりますが、これは退職するしないとは関係ないですからね。

その他

この記事を書いた後に気づいた節約を別の記事にしているので、興味のある方は参考にしてください。

公共料金や保険

退職後に見直したい費用として、電気やガス、通信費などの公共料金と生命保険などを紹介しています。

退職後に見直したい費用
リタイアするとできるだけ生活費を抑えたいですよね。過去記事にもリタイア後の生活費の変化を書きました。 資金が底をつかないかいつも不安に思ってます。 不必要な消費を抑えて少しでも不安を拭いたいところです。 以前の記事...

散髪

自分で散髪すれば当たり前ですが美容院代はかかりません。

散髪はどうしてますか?僕は自分で切ってます
昨日、退職後に見直したい費用を書きましたが、普段支払ってる費用はすぐに思いつくんですが、自分が支払ってない費用はなかなか思いつかないんですよね。 今までの記事に散髪代が抜けてるのに気づきました。 はい、僕は散髪に行ってい...

コンタクトレンズ

毎日コンタクトをつけなくても良くなるので節約になります。

コンタクトレンズか眼鏡か
ボイトレネタばかりになりそうなので、ここらでリタイア生活ネタを。 今回はコンタクトレンズについて、書いてみたいと思います。 僕は視力が良くありません。まあ、普通の近視+乱視です。 会社員時代 会社員時代は、コンタクトレンズを...

LED電球

東京都が2018年12月9日までLED電球の無償交換をしています。タダで貰えます。

【終了】東京都のLED電球交換を利用してみた -ダウンライト用E17でもOK-
東京都のLED交換事業は2018/12/9に終了しました。 LED電球の電気代について、以下の記事で紹介しています。 東京在住の方はご存知だと思いますが、東京都が省エネを促進するために「家庭におけるLED省エネム...

本当にLED電球で電気代が下がるのかを計算しました。1年目から購入費用を上回る効果です。節約に超おすすめです。

LED電球と白熱電球の電気料金を比較 -やっぱりLED電球がお得で節約になる!-
前回の記事で東京都のLED電球交換を紹介しましたが、以前からLED電球って本当にお得なのか気になってたんですよ。 この機会にきっちり計算してみました。 結論から言うと速攻でLED電球に変えたほうがいいです。かなりの節約に...

ふるさと納税

最近CMでも多く流れているので有名ですが、同じ税金なら返礼品の貰えるふるさと納税がお得です。節税の一種ですね。

ふるさと納税おすすめサイト -限度額まで利用しよう-
2018年12月末で全てのキャンペーンが一度終了しているのでご注意ください。 ふるさと納税の返礼品にとらふぐの身欠きやカニがあると紹介しました。 今回は、ふるさと納税とはどういうものなのか、おすすめのサイトがあるのかを紹介します...

12月にふるさと納税をされる方が多いので、具体的に鍋に使える「とらふぐ」や「かに」が返礼品にあるのかを調べました。

なんと「とらふぐ」がふるさと納税の返礼品にあった!
以前、東京と大阪の違いの記事で「ふぐ尽くしホームパーティー」を紹介しました。 ネットを徘徊していて、おもしろいものを見つけました。 なんと「ふるさと納税」の返礼品に「国産とらふぐ」がありました。もちろん本場下関がある山口...
ふるさと納税の返礼品に「カニ」があるか調べてみました
以前、ふるさと納税の返礼品にとらふぐの身欠きがあると紹介しましたが、「カニ」もあるか調べてみました。 はい、もちろんありました。どのようなものを見つけたか報告したいと思います。 ふるさと納税サイト ふるさと納税は専門サイト...

まとめ

結局、会社勤めをやめると生活費が下がると言える気がします。

自炊の場合の食費がそこそこお得になる。会社でのお茶やおやつが必要なくなる。スーツ関連費用がなくなる。上がる要素はない。ってとこでしょうか。

働いているときは気づきませんでしたが、会社に働きに出るだけで経費がかかってしまうんですね。

リタイア後の生活に興味のある方は以下の記事を参考にしてください。

リタイア後の過ごし方
リタイア生活の中で投資などで生活費を稼ぐのは日々努力しておりますが、自由な時間が余りあるほどあります。孤独が苦手な人は、自由な時間がありすぎてツライかもしれません。 今回は僕がどのように過ごしているのかを綴ってみたいと思います。 ...

コメント